Used Books CARROT | MYSTIC RHYTHMS

§Used Books CARROT:メールマガジン バックナンバー
(新入荷のお知らせ部分は除かせて頂きました)


2007

12/11
今日は。Used Books CARROT-ユーズド・ブックス・キャロットです。

 買い物篭設置に手間取り、新入荷upが滞ってしまいました。申し訳御座いませんでした。何とか、本当に何とか、買い物篭の設置も終わり、やっとお知らせメールを発行できました。もう師走。後一寸で今年も終わると言うのに、何とも暢気者で、ご迷惑お掛け致します...。

 ここ東京多摩では、紅・黄葉は盛りを過ぎ、落ち葉がかさこそと風に転がる音が寂しくも味わいを感じさせてくれます。本当に一瞬の輝きですね、紅・黄葉は。あとは冬枯れて、しんとした世界となるばかり。嫌いではありません。結構好きだったりするのですが、この時期、日照の不足が主なる原因か、鬱になりがち(冬季鬱。日照時間の不足により、メラトニン、セロトニン等の化学物質のバランスの崩れや不足等が原因と考えられているそうな)。意識的に陽に当たるのも効果的とのことで、なるべく外に出るよう心がけています。結構悩んでおられる方も多いのではないでしょうか。
 色々楽しみを見つけて、乗り切りましょう!

------------------------------------------------------------

8/5
今日は。Used Books CARROT-ユーズド・ブックス・キャロットです。

 新潟の地震は記憶にまだ鮮烈なものがあります。被災された方々及び関係者の方々には、心よりお見舞い申し上げます。
 今回の地震で、「活断層」と言う言葉をよく耳にすると思いますが、「断層」とは、地層や岩盤に割れ目が出来且つそれがずれ動いたものです。「活断層」はその断層のうち、比較的最近、とは言ってもここ数十万年のことですが、その間に活動した詰まり地震を起こし、且つ今後も活動するであろうと考えられている断層のことです。
 一般に、活断層には固有の周期と固有の動きがあり、A断層は1000年に一回右に10cm動く。B断層は2万年に一回左に1m動く。とか。だから、この活断層は、周期2000年で動く。1000年前に一度動いているからあと1000年は大丈夫であろう等と言うことが言える訳です。ただ、必ずしもこの周期などが変わらないということでもないらしく、近くの断層の動きの影響を受ける事なども考えられるとか。
 日本にはこの活断層は、無数に存在します。未知のものもまだまだあるようです。心して生活したいと思っています。

------------------------------------------------------------

6/29
今日は。Used Books CARROT-ユーズド・ブックス・キャロットです。

 最近、何故か恐竜にプチはまりで、其の系統の本ばかり、図書館でレンタルして、読んでいます。恐竜関連の本、子供向けのものは非常に多いのですが、ある程度専門的で、且つ素人にもある程度理解可能と言う様なものは意外に少なく、結構探すのに苦労しています。この間は、専門研究者向けの本を思い切って借りたはよいが、眠気との戦いで、二週間(レンタル期間)で読み終えるのに結構苦労してしまいました。
 さて、恐竜、此れに関して意外に多い誤解は、翼竜は空飛ぶ恐竜、首長竜・魚竜は海に棲む恐竜である、と言うものではないでしょうか。小生も子供の頃はそう思っていましたが、これ違うのです。恐竜も翼竜も首長竜も魚竜も、爬虫綱(我々は哺乳綱)であるのは同じですが、分類的には、恐竜は、爬虫綱−双弓亜綱−主竜形下綱に含まれる、鳥盤目(トリケラトプスやステゴサウルス等)と竜盤目(アパトサウルス(昔で言うブロントサウルス)やティラノサウルス、鳥類等)を指します。翼竜は、恐竜と主竜形下綱まで一緒ですが、翼竜目へと分類されます。魚竜は、双弓亜綱まで恐竜と一緒でそのあと魚竜目と分かれます。首長竜は、同じく双弓亜綱まで恐竜と一緒ですが、其の跡、鰭竜類−首長竜目へと分かれます。またモササウルスなどの海トカゲは、同じく双弓亜綱まで恐竜と一緒ですが、有鱗目−トカゲ亜目へと分かれます。最近主流の分岐分類学では、恐竜とは「鳥類(竜盤類)とトリケラトプス(鳥盤類)の、最も新しい祖先から派生する全ての子孫」と言うことになるようです。鳥類は恐竜中の竜盤目獣脚亜目から進化したもの、と言うのが定説化しているようです。
 難しいですよね...。形態的に判りやすく言うと、恐竜とは「直立歩行する爬虫類」。直立歩行とは、我々哺乳類やまた鳥類のように、体から脚が垂直に出ている、胴体から脚が、トカゲのように一旦横に出てから肘部分から下に向かうのではなく、胴体から脚が直接真っ直ぐ下に向かって出ている状態で歩くと言うことです。此れだけで、もう、翼竜・魚竜・首長竜・海トカゲ等は恐竜ではない、と言うのが判りますよね。(間違いがあったら御免なさい。一寸自信無い...)
 例年夏場は恐竜展が開かれることが多いのだけれど、今年は無いなぁ...。

------------------------------------------------------------

5/11
今日は。Used Books CARROT-ユーズド・ブックス・キャロットです。

 母の日、近いですね。母への感謝の気持ちは常に持っておりますし、折に触れてそれを、何気にさり気無く形に或いは行動に表している積りではあるのですが、矢張り面と向かってはっきりと、表すと言うことも時には必要ですよね。「伝わっているだろう」「分かってるだろう」と勝手に思っていても、案外伝わっていなかったりするものですよね...。なので、何かプレゼントを...と思うのですが、此れが悩む。貰って有難く、かつ邪魔にならず...なもの。ハンカチ、靴下、帽子などの小物は予算的にもナイスなものではありますが、毎年これ...という訳にも行かず、悩む。ハンド・バッグやジュエリー等幾つあっても困らないで、場所もとらず、女性には非常に喜んでもらえるということは十分に承知しているのですが、何せ予算が...。
 毎年悩む。誕生日もあるし、それと被らないようにせねばならぬし...。
あぁ、どうしよう...。

------------------------------------------------------------

5/1
今日は。Used Books CARROT-ユーズド・ブックス・キャロットです。

 この時期、黄色のふかふかのベストを着た、真っ黒でまるっこい大きなクマバチが、ぶんぶんと激しい羽音をたてつつ花から花へと飛び回る姿を見かけます。一見コワそうですが、花の蜜や花粉を常食とする温厚な蜂。オスは刺しませんし(蜂の針は産卵管の変化したものですのでオスにはありません)、メスも巣穴(柱や枯れ木に穴を掘って作る)を脅かしたりチョッカイを出したりしない限り刺すことはない、大人しい種です。が、スズメバチのことを、「クマンバチ」と呼ぶことがあるため、大きな体と激しい羽音と相俟って、怖がられることが多い、一寸気の毒な存在。
 黄色いベストの「クマバチ」と、黄色いストライプの「クマンバチ(スズメバチ)」は別蜂なのです。混同しがちですけどね。

------------------------------------------------------------

3/23
今日は。Used Books CARROT-ユーズド・ブックス・キャロットです。

 近頃は、自身で読む本は、地域の図書館で全てレンタルしています。その流れなのですが、この頃はCDもレンタルするようになりました。
 私は、音楽が無ければ仕事も出来ない...という性質ではあるのですが、音楽に対して非常に偏狭で、聴くジャンルといえば、へヴィ・メタル、ハード・ロック、プログレッシブ・ロックが≒9割。これらは何れもマイナーなジャンルですので、図書館には余り無いだろうな...と、今まで利用せずにいたのですが、上記9割以外の部分、これは主にクラシックや、比較的ライトなロック。聴いてはみたいが、買うほどではない(或いは買えない)...といったこの辺り、図書館には豊富ではないのか...?と、暇を見ては、レンタルし、聴いている次第です。
 多少ですが、聴き手としての幅を拡げられた...かな...? 因みに、これは嵌った、と思えた作品は、パガニーニのヴァイオリン協奏曲1・2番とカプリース、及びPFMと言うイタリアのプログレッシブ・ロック・バンドの「PHOTOS OF GHOSTS」というアルバムです。(プログレッシブ・ロックも一寸ですが、ありました)
 返却するときは、埃くらい掃って返しましょうね。時々忘れてしまう...

------------------------------------------------------------

3/4
今日は。Used Books CARROT-ユーズド・ブックス・キャロットです。

 私の住むのは東京郊外の多摩地区です。この東京を含む関東の嘗ての支配者は徳川氏ですが、其の前は、北条氏です。鎌倉執権の北条氏と紛らわしいので、「後」北条氏、或いは「小田原の」北条氏等とも呼ばれています。
 この北条氏、租税が四公六民(税金が収入の40%と言うことですね)と言う当時としては、全国一(日本史上最安とか)の格安で、負担軽減や、中間搾取の廃止等内政重視。家政も安定し、三代氏康など、上杉謙信や武田信玄と同時代で、彼らと同レベルの武将との評価もあるのですが、何故か地味。北条氏全体が。確かに謙信や信玄ほどのスター性・カリスマ性も無いですし、質素・倹約を旨とする家で、派手さもありません。また、飽くまで関東での独立性を保持し、上洛や天下統一等目指していませんし、地味になるのも致し方なし...とも思いますが。
 でも、戦国の開始・終焉とイコールではないとしても、戦国の大きな動きは、初代早雲(伊勢新九郎盛時。北条姓は二代目氏綱から)が伊豆国を領有したところに始まり、秀吉の小田原侵攻で終わる訳ですから、もっと注目されていい...と思うのは、地元の贔屓目でしょうか。
 皆さんのお住まいの地域には、どのような歴史があるのでしょうか...?

------------------------------------------------------------

1/22
今日は。Used Books CARROT-ユーズド・ブックス・キャロットです。

 毎日のように、家族からの発注メモとマイ・バッグを手に、スーパーに食品の買出しに出掛けるのですが、確かに納豆なかったですね。いつもは棚いっぱいに納豆達が並んでいるのですが、ここ数日は、空しく「申し訳御座いません...」の張り紙が空調に揺れておりました。某番組の「納豆ダイエット」の影響のようですね。
 ところが、そのデータ捏造が発覚し、納豆業者さん及びスーパーさん、お困りのようです。業者さんは当然大量に仕込み、容器・梱包財も大量発注...。スーパーも大量に仕入れ・発注...。もう既に売り上げは通常に戻り、売れ残りが出ているとか...。同じ販売業として、大変さが分かります。納豆、いっぱい食べよう...。
 「情報」と言うものの持つ怖さ、を感じます。

------------------------------------------------------------

1/1
今日は。Used Books CARROT-ユーズド・ブックス・キャロットです。

 新年明けましておめでとう御座います。昨年は一年、ご迷惑もお掛けいたしましたが、お世話になり、有難う御座いました。拙き存在では御座いますが、より良き古本屋を目指し、精進いたします。本年もまた、何卒、宜しく御願い致します。

メルマガTop  店主雑記:北の離れ