Used Books CARROT | MYSTIC RHYTHMS

§Used Books CARROT:メールマガジン「はけの下」 バックナンバー
(新入荷・新掲載のお知らせ部分は除かせて頂きました)

2010

12/24
今日は。Used Books CARROTです。

 東京のこの冬、特別に寒さ厳しいという訳ではないのですが、我が家の18歳になる長老おばあちゃん猫が、体調を崩し、可也危険な状態に陥ってしまいました。食事を全く摂らず、体重もあれよあれよと言う間に≒20%減。約一ヶ月、点滴の為3日に一度程度の通院と、自宅での指或いは注射器(先端をカットしたもの)による強制給餌(ペースト状の療養食を口を開け上顎に塗る、注射器で口中に注入する)が続きました。
 幸い、この頃は自ら食事を摂るようになり、体重も回復し始めました。背中はまだゴツゴツと骨ばっていますが、峠は越えた模様。油断は禁物ですけれどね。
 おばあちゃんのベッドに、寒さ対策の為、気泡緩衝材で内張り(保温効果を上げる為)した、ダンボール製の覆いを作ったのですが、気に入ってくれ、終日、湯たんぽの上に覆いかぶさるようにして中で寝ています。

 お世話になっている動物病院の待合室には、常連の「ご長寿犬・猫」と、家族の方とが一緒に納まった写真が掲示されています。我が家のおばあちゃん猫の写真もあるのですが、まだまだ若い方。19歳、20歳、22歳そして23歳等先輩達が幾頭もいらっしゃる(猫が多いな)。20歳超は以前は珍しい存在でしたが、最近は増えましたね。皆さん大切にされているからなのでしょう。
 でも、おばあちゃん・おじいちゃん犬・猫達の写真を見ていると、こうした長寿に恵まれる存在があると同時に、人為的に命を絶たれる、犬や猫が多数存在すると言うことも、ついつい考えてしまいます。一寸した人間との出会いの違い。それが動物達の運命を大きく分けると言う厳然たる事実。動物の問題は結局「人間」の問題であると言うことに、気付かされる思いです。

 今号が本年最後のお知らせメールとなります。一年間、お読み下さり、有難う御座いました。

 良いお年を....

------------------------------------------------------------

12/10
今日は。Used Books CARROTです。

 今回は、当店サイト内に個別ページで拵えて見ました。宜しければ、ご覧下さい。
お手数ですが、宜しく御願致します。

▼此方。店主クラシック・ライヴ報告他です
http://www.ub-carrot.com/mmbn.10_1210.html

(以下、個別ページ)

2010年 12月10日
途中通った農場の欅 早や先月の事となってしまいましたが、劇場隣の公園の桜並木例年に無く美しい紅・黄葉を道すがら愛でつつ(左上画像)、桜落ち葉舞う中(右上画像)、ホルストの「惑星」、ライヴ(無料)拝聴して参りました(劇場二階からも紅葉(右下画像))。流石の人気曲で、開演の頃はほぼ満席に近い。昨年同時期の、ショスタコーヴィチの第5交響曲は無料なのにガラガラでした。ポピュラリティの違いが此処まで露骨に表れるとは...(「惑星」は大体通常の二割増しの集客なのだそうです)。
 「惑星」と言えば「ジュピター(木星)」、と来るのが一般でしょうが、私の様なヘヴィ系音楽好きにとっては、「惑星」と言えば「火星」。レインボーの名曲のイントロに滅茶苦茶カッコ良く引用されている為、ヘヴィ系ファンには御馴染みの曲。いやぁ、オーケストラで聴いても矢張り、ヘヴィ・メタリック。
左端手前からハープ、チェレスタ、オルガン。右最奥に鉄琴劇場二階よりの眺め  「火星」は、作曲された第一次大戦当時の不穏な雰囲気を表すとも言われますが、副題の「The Bringer of War(戦いを齎(もたら)す者)」通り、緊張感に満ちダークでハード。メタラーには堪らん。勿論他の曲も、バレエティに富み、飽きさせない。楽器も多種のものが(チェレスタ、オルガン、鉄琴、ハープ(×2)等(左中画像))使用されるため何処でどの楽器がどの様に使われるかがよ〜く解りこれも又、楽しい。終曲(海王星)で登場する舞台外に配置された女性合唱もミステリアスでスペイシー。特別に想い入れの強い曲ではなかったけれど(「火星」を除いてね)、良く出来た作品だと、再認識した次第です(生意気言ってゴメン)。久々に萌えたな...。
 終演後、会場の外では、夕陽に欅(左下画像)が燃えておりました...。

夕陽に赤い  話は全く変わりますが、ケータイの待受け画面を冬モードにしようと思い、手頃な画像をネットで探しましたが、無い。求めているは「山岳」写真。出来得れば殆ど人間臭の感じられぬ、高山のもの。なかなか無いですねぇ。愚痴っていてもせん無いので、普段PC壁紙にお借りしている山岳写真を、加工しています。でもなかなかに難しい。ただ単にトリミング・縮小しても、肝心の部分(山頂部等)に丁度日付やらデジタル時計やらがカブってしまう。画像上部を開け気味に調整しつつトリミングするコツが一寸解って来ました。
 今、ケータイ待受けは、酸化鉄の如く色付いたカラマツ越しの冠雪の御嶽(おんたけ)。高原の透徹した風が見えそう。現地のカラマツはもうすっかり葉を落としているのだろうな...。

-----------------------------

*グスタフ・ホルスト(1874-1934):英吉利の音楽家。「惑星」は、編成も大きく、女性合唱、複数の打楽器、及びバス・フルート、バス・オーボエなどの特殊楽器が使用されるため、人気の割に余りフル演奏されない(ホルスト自身により楽器編成厳守・抜粋禁止など厳しい制約が設けられている)。
因みに「水星」と「火星」が入れ違っているのは、「木星」をメインに据えて、全体の流れがバランス良くなる様配置されたためとか
*ドミートリイ・ショスタコーヴィチ(1906-1975):旧ソヴィエトの音楽家。交響曲と弦楽四重奏曲が有名
*レインボー:元ディープ・パープルのギタリスト、リッチー・ブラックモア率いる往年の名ハード・ロック/ヘヴィ・メタル・バンド。「火星」が引用されたのは、アルバム「ダウン・トゥ・アース」(1979)収録の「アイズ・オブ・ザ・ワールド」。大分とアレンジされているので一聴判り難い。当時のLiveではオープニング曲でありました
*チェレスタ:ハンマーで金属板を叩く鍵盤・打楽器。非常に透明感ある美しい音色
*御嶽:御嶽山とも。長野・岐阜県境に有る火山。1979年噴火。最高峰3,067m。信仰登山の対象として日本三霊山に含められる場合もある(通常三霊山は、富士山・立山・白山)

------------------------------------------------------------

11/8
今日は。Used Books CARROTです。

 ミシシッピアカミミガメ。ご存知でしょうか?アメリカ原産のアカミミガメの亜種で、一般に「ミドリガメ」の名で知られています。
 おそらく多くの方が、池などで沢山姿を見ておられると思いますが、先月の岐阜以西の池などでの調査(須磨海浜水族館)で、なんと淡水ガメの≒42%がこのカメだったのです。他は、固有種のイシガメが≒25%、固有種かどうか不明のクサガメが31%、スッポンが≒2%、となっています。要するに一番個体数の多い種だったということです。
 アカミミガメは、遺棄等により世界中で野生化が見られ生態系への影響が懸念されています(国際自然保護連合で「世界の侵略的外来種ワースト100」に選定されている)。国によっては輸入禁止措置も取られています。日本でも、経済的その他の関連から特定外来生物には指定されていませんが、強い繁殖力・競争力等から在来種のカメその他生態系への影響が大きいとして、要注意外来生物に指定されています。

 特定外来生物に指定されたブラックバス(オオクチバス等の総称)やブルーギルが駆除の対象となって数を減らした結果、それらを天敵とするアメリカザリガニが増え、結果アメリカザリガニに食べられたり切られたりして水草が減り、魚の産卵場所が減り等湖沼生態系への悪影響が出ているという調査報告があるようです。そのアメリカザリガニ対策として効果的なのが、日本固有種のイシガメの存在なのだとか。イシガメはアメリカザリガニを捕食し行動を抑制するので、その存在はとても重要なのだそうです。
 ところがそのイシガメが、ブラックバスやアメリカザリガニと同じ外来種であるミシシッピアカミミガメの増加で存在を脅かされている(勿論原因はそれだけでなくコンクリート護岸の増加や水質汚染など他にも多い)。生態系の妙と、人間の生態系への不思慮な関与による影響の大きさを感じます。

 「ミドリガメ」の可愛らしさとは大分と異なる成長したミシシッピアカミミガメが手に余り、遺棄されるパターンが多いらしい(勿論大きくなっても大事にされている方も多いと思います。家のご近所でも少なくも十年程水槽で暮らしているミシシッピアカミミガメがいます)。ミシシッピアカミミガメに限りませんが、脊椎動物の子どもは同じ脊椎動物である人間には大抵可愛いと感じられる。イヌやネコやウサギ等なども子どもの展示(陳列)販売は一寸再考が必要なのではないだろうか。可愛いからつい購入してしまい大きくなったら手に余って遺棄...というパターンも多いと聞く。経済面等いろいろと問題は有ろうかと考えますが、欧米諸国のような動物の展示販売に対する各種規制も、そろそろ参考にしてよいのではないでしょうか。

------------------------------------------------------------

10/6
今日は。Used Books CARROTです。

 今夏の猛暑は全国的だったようですが、この暑さの影響が、山の木の実の生産にどんな影響を及ぼしているのか気になります。
 私の周辺の植物へのこの夏の猛暑の影響は、開花が大幅に遅れたもの(金木犀、ゲンノショウコ、ヤブラン、ヒガンバナなど)、花付が良いもの(ムクゲ)等、種によって異なりますが、全般的には葉が痛む等マイナスが目立つ。近所のクヌギのドングリは結構転がっていて、例年に比べ左程少ないようには思われませんが、山のドングリは如何なのでしょう?
 各地で、ツキノワグマの里への出没が多いようなのです(昨年同期(8月末)と比し広島県では2.7倍、群馬も2倍とか)。雑食性の強いツキノワグマは秋、その年実ったドングリを主要な食物とします。ドングリは大体、実をつける多くの植物同様隔年結果で、一年おきに豊凶を繰返します。昨年はドングリが豊作だったそうなので、今年は元々ドングリは少な目となります。そこへもってきてこの猛暑。如何なんでしょう影響は。雨も少なかったし。
 2006年のツキノワグマ大量出没を記憶されておられる方も多いと思います。あの年も、直接的な主原因は山のえさ不足であったと考えられています(根本的原因では、過疎化で山と里の緩衝地帯である「里山」に手が入らなくなり、或いは「人」が減りクマが里に近づきやすくなった、豊かな落葉樹の森が実のつかない人工林に変わった、柿・栗などの果実や廃棄作物が放置されるなどなど、複合的なものが考えられています)。あの年、ツキノワグマは、5,185頭が捕獲され、4,679頭が殺処分されました(日本でのツキノワグマ推定生息数は≒10,000頭前後)。人身被害も負傷145人、死亡5名となっています。

 クマ生息地域ではない、都市部の人間にも、クマと人との不幸な出会いは、無関係とは必ずしも言えないのです。登山や行楽、或いは墓参の際、山に食べ物を残す場合があります。クマには限らないのですが人の残した空き缶(に残ったジュース)、果物や残飯、お供え等で、野生動物が人間の食べ物の味を覚えてしまい、それが結果的に、野生動物による農作物・人身への被害、野生動物の駆除・殺処分に繋がるという事があるのです。野生動物に食べ物を与えるなどは、論外ということになります。

 毎年、冬眠が近づきクマの行動が活発になるこの時期、ニュースが気になります。

------------------------------------------------------------

9/4
今日は。Used Books CARROTです。

 一寸前になりますが、南米ベネズエラで開催された、女子野球第4回ワールドカップで日本代表チームが優勝。前回大会(松山)続く二連覇。男子野球のWBCも連覇ですし、リトルリーグ世界選手権も日本代表(江戸川南)が優勝だし、スゴイ。日本野球の底辺の広さ、底の厚さを感じさせてくれました。おめでとう!
 とは言い、実は女子日本代表チームを組織している日本女子野球協会は、独自の収入源を持たぬボランテイァ団体で、昨今の不況及び野球のオリンピック競技からの除外等有り、大変な資金難とか。大会への選手遠征費も自費で賄ってもらわねばならぬ程で、個人・企業からの寄付を募らねばならぬくらいであった。

 それにしても、女子野球、マスメディアでの扱いが少ないし小さい。マスメディアも謂わば人気商売ですから、マイナーな話題、明るくは無い話題などは扱いが少なくなるのは致し方ない部分があるとは思いますが、それにしても、扱いの偏りは成るべく解消して頂きたい。可愛らしいワンコやニャンコの映像や話題を取り上げるのは結構。でも同時に、毎年30万前後の犬猫の殺処分が行われていることに関することももっと取り上げて頂きたい。例えば、ですけれど。
 情報の受けて側にも、情報には偏りが存在すると言うことを弁える必要が有るけれど、メディア側にもその力の大きさ、影響力そして責任と言うものをもちっと弁えて頂きたいな、などと思う昨今です。

------------------------------------------------------------

7/23
今日は。Used Books CARROTです。

 毎年この夏の時期は、成人検診と胃がん検診が重なる。検診自体は、有り難いのだけれど、両者共に、朝食抜きで臨まなければならないのがキツイ。ただでさえ、夏バッテバテの状態で尚且つ、低血圧で朝フラフラである。其処に持ってきて朝食抜き。キツイ...。胃がん検診の方はバリウムを飲めるので空腹が紛れて良いのですが、成人検診は、何より苦手な採血がある。いいオヤジが、血を見て脳貧血...という事態だけは何とかして避けたい。気を引き締めて臨むのですが、如何せん、夏バテ・低血圧・朝食抜きの三拍子。今までは何とか凌いで来たのですが、今回の採血では一度目が上手くいかず、想定外の二度の採血。これはまずい、と更に気を引き締めたのですが、寸での所まで行ってしまいました。視野が徐々に狭まり、脂汗が額に滲み...、危ない危ない...。
 何とか持ちこたえましたが、その日一日、後は何も出来ませなんだ...。情けない...。

------------------------------------------------------------

7/7
今日は。Used Books CARROTです。

 ここ多摩地区は、東京都とは言い大分と田舎なので、近所の畑の販売所で、大抵のお野菜は間に合います。フード・マイレージは限りなくゼロに近いし、基本露地栽培なので季節のお野菜ばかりだし、環境負荷が少ないのが嬉しい。それにお安いのも嬉しい。トマト、茄子、胡瓜、インゲンなどなど...。今日も、不揃いトマトと曲がり胡瓜、買いました。
 我が家は私も含め皆非常に小食なので、食糧消費量は可也少ない。よって、私がご近所の農家でお野菜を購入しても大した量ではないのですが、それでも、年々減少する農家に対し多少なり応援になるか...と過分かも知れませんが思う次第です。私は、私の幼少時期の、農地や雑木林に囲まれていた頃のこの土地が、大好きなので...。

 週末、市民オーケストラの定例ライヴにお邪魔する予定です。通常市内のホールで行われるのですが、今回の会場は訳あって新宿。仕事柄滅多に都内など出ないので、序に渋谷に寄ってみようかと思います。まだ「明日の神話」見ていないんです。

------------------------------------------------------------

5/25
今日は。Used Books CARROTです。

 DPRKによる韓国艦艇攻撃という出来事に関連する諸々は、南北による戦争は未だ「休戦」であり戦争は継続中であるという事実を改めて確認させるものです。また、こうした事柄と、普天間基地移設を含む沖縄の基地問題が、密接にリンクしていることも、今更ではありますが、改めて見せ付けられる思いです。
 朝鮮半島の南北分断も、沖縄を含む米軍基地問題も、すべて我々が数十年前に行った戦争の「遺産」なのですよね...。新たな戦争の歴史を作らぬよう、心したいです。

------------------------------------------------------------

4/24
今日は。Used Books CARROTです。

 本年も早四月末。ここ東京多摩では、山間部を除き桜を巡る狂騒も去り、葉桜達が省みる人も無く、静に佇んでいます。お疲れ様...。
 一年の三分の一が過ぎましたね。今年からやるぞ!と、本年初何か始められたことがお有でしたでしょうか?有ったとして、現在続いていますか?私は、一応続いています。何が続いているかといいますと、毎日の肉体的トレーニング。十代の頃から長い付き合いの腰痛が加齢と共に辛くなり、一応はやっていた腹筋運動等をサボりがちとなっていた為、気持ちまで緩みがち。これではイカンと、腹筋70回、腕立て20回、四股(お相撲のね)10回及びストレッチを毎日やる!と、本年初誓ったのです。腹筋・腕立て・四股何れも大した回数ではないのですが、「毎日」と言うところが重要と考え、少々少なめ設定としました。その甲斐有ってか、現時点、一日も欠かさず続けることができております。始めた当初は、心配していた通り、腰が真っ直ぐ伸ばせないほど痛くなり、やっちまったか...と心配したのですが、腰の痛みは二日ほどで消え、大丈夫。その代わり慢性的筋肉痛がお腹周りに常にある状態ですが...。
 人生近道は無い。日々コツコツが大事、と今更ながら思うこの頃。

------------------------------------------------------------

3/5
今日は。Used Books CARROT-ユーズド・ブックス・キャロットです。

 鮮やかな黄色の花を全身一杯に纏(まと)った高さ数程mの樹を見ませんか?今の時期ですと、おそらくそれは、ミモザです。
 ミモザと言っても、本来のミモザは、オジギソウのことで、一般にミモザと呼ばれるものは、フサアカシアまたはギンヨウ(銀葉)アカシア(共にマメ科アカシア属、鳥の羽根のような形の葉(羽状複葉)が特徴)と言う濠太剌利原産の小高木です。葉っぱが白っぽかったら多分、ギンヨウ(銀葉)アカシアです。
 我が家の近所の住宅街では、知る限り4本のギンヨウアカシアが見られ、今正に盛りと、咲き乱れています。梅が咲き初める頃はまだまだ寒く春は名ばかりですが、このミモザ(ギンヨウアカシア)が咲き、沈丁花のかほりが漂い始めると、この東京多摩の平地では、春は本格的、となる感じでしょうか。少なくも私は、そう感じます。
 皆さんは、どんな花で、春の本格化を感じますでしょうか?

------------------------------------------------------------

2/3
今日は。Used Books CARROT-ユーズド・ブックス・キャロットです。

 東京多摩は昨日雪となりました。今冬としては初の積雪。と言ってもほんの2〜3cm。昼過ぎ、スーパーへの買出しに行く頃には、アスファルト道路上に殆ど残ってはおりませんでした。
 先号で、ゴミについてちょこっと触れましたが、我が町ではゴミは主に、
・燃えるゴミ(生ゴミ、紙等)
・燃やさないゴミ(金属、陶器、ゴム等)
・容器・包装プラスティック
・新聞紙、牛乳パック等
・有害ゴミ(蛍光管、電池等)
・古布
・ビン
・カン
の8種類に分別して出します。この内最初の三つ(燃えるゴミ、燃やさないゴミ、容器・包装プラスティック)は有料の袋に入れるのです。
 分別及び有料であるのは別段苦も無く問題も無く、結構なことなのですが、朝8時までに出す、と言うのが辛い。お勤めの方々や主婦の方々には、何をそれくらい別段早くも無いじゃない、と叱られそうです。全くもって御尤も。世間的に見れば、全く早くは御座いません。でも、私的には、結構辛いのです。通常より30分早起きすればよいのですが...。でもね...やっぱり...子供の頃から朝に弱い私には、辛い...。夜遅いお仕事の方などは、大変でしょうね。どうしていらっしゃるのかしら...。

------------------------------------------------------------

1/12
今日は。Used Books CARROT-ユーズド・ブックス・キャロットです。

本年初のお知らせメールとなります。遅ればせながら、今年も、宜しく御願致します。

 東京多摩は本日雪となりました。と言っても、積もる訳でもなく、何時の間にやら冷たい雨と変わりました。気温は零度。北国の方等には何をそれくらい、言われてしまいますでしょうけれど、東京の平野部でこの気温は滅多に経験しない温度。結構堪えますぜ...。スーパーへの買出しをどうしようかと思ったのですが、本日週に一度の99円均一セールなのです。思い切っていって参りました。
 このスーパーで最近、PS(ポリスチレン)トレーの回収を始めました。PSトレーと言われても、?かもしれませんが、お惣菜やたこ焼き・焼きそばなどが入れられることの多い、一寸ぺらっとした透明プラスティックのトレーです。お団子やお饅頭が入っていることも多いですね。回収にはラベル部分を切り離すとか洗浄するとか条件はつくのですが、有難い。前々から思っていたのです、回収してくれないかな、と。お惣菜が美味しそうでも、トレーがゴミになることを考えると手が出ない、と言うことが多かった。これからは多少手が出そうです。今までより。
 プリンの容器も、回収・リサイクルしてくれませんかね。食べたくても、あの妙にしっかりとしたプラスティック容器がゴミになることを考えると、全く手が止まってしまうのです。

メルマガTop  店主雑記:北の離れ