Used Books CARROT | MYSTIC RHYTHMS

§Used Books CARROT:メールマガジン「はけの下」 バックナンバー
(新入荷・新掲載のお知らせ部分は除かせて頂きました)

2011

12/15
今日は。Used Books CARROT店主です。

 私の住むのは、東京でも区部からは随分と離れた郊外(子供の頃は上野の動物園や渋谷のプラネタリウムへ行く場合「東京へ行く」と言っていましたな)。農地は減ったとは言い、まだ他地域に比し豊かと言える環境。よって、以前(2010年7月7日分)にも書きましたが大方の野菜は、畑の無人販売所(自動販売機式ではない料金箱式)で購入することが出来ます。今は、ブロッコリーがいっぱい。我が家ではシチュー、カレーには欠かせない食材なので、スーパー等よりは大分とお安く調達できるのは嬉しい。形は良くないですけどね。他には大根、ほうれん草、小松菜、白菜等が主役。ナスはもう終わりました。この近所、何故かハウス栽培が余り行われていないので、並ぶ作物はほんに季節ものばかり。其処も嬉しい。フード・マイレージもゼロに近いしね。
 ところがこの有難い無人販売所、最近一寸気になる変化が。
 それは、張り紙。

 「泥棒しないで下さい」
 「一つ百円です。十円だけ入れて持って行かないで下さい」
 「見つけ次第通報します」

 このような内容の張り紙が、多くの無人販売所に張り出されるようになったのです。以前から有ったには有ったのですが、私の知る限り一箇所だけでした。それが本年辺りから数箇所の無人販売所に文面は其々異なりますが、要するに「盗まないで」と言う趣旨の張り紙が張り出されるようになったのです。
 それだけ、不景気も窮り食べるにも困る人が増えた、と言うことなのか、それともモラルの低下なのか...、その辺りは不明ですが、何れにしろ寂しい。無人販売所などは、農家さんと近隣住民との間の信頼関係だけで成り立ってるような場所。この世知辛い世の中で、奇跡のような存在です。そこに猜疑心が入り込むのは、寂しい。

 年の終わりのメルマガだと言うに、寂しい話ですみませんでした。来年は明るい話題満載と行きたいものです。
 本年もメルマガをお読み頂き、有難う御座いました。
 どうぞ、良いお年を。

追記:書いたようで書いたことのなかった「本年10大ニュース」を店主雑記に書かせて頂きました。お暇でしたなら是非ご覧下さい。↓
 http://www.ub-carrot.com/webX.11.html#20111215

*フード・マイレージ:一つの指標または考え方。食料(フード)の総重量と輸送距離(マイレージ)を掛け合わせたもの。遠い産地の食料・食品は当然輸送距離は長くCO2排出量も多くなる。よってなるべく近い産地の食料・食品を消費するほうが環境負荷が小さい。輸入食料品の多い日本のフード・マイレージは世界的に非常に大きい

参考:
・マリンネット東日本大震災義援金募集情報(一部募金終了のリンク先があります)
 http://www.marine.ne.jp/staff/shinsai/
・緊急災害時動物救援本部(リニューアルしました)
 http://doubutsukyuen.org/
・福島県動物救護本部(被災した犬・猫の新しい家族を探しています)
 http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/kyuugoindex.htm

―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━

11/2
今日は。Used Books CARROT店主です。

 現在コルセットをしています。もう五ヶ月目に入ったので...って、妊娠していません。男だし...。腰痛用のコルセットです。お初に付けました。
 思えば初ぎっくり腰は18歳の頃。それ以来腰痛とは長い長いお付き合い。起てないほどの強烈なぎっくりはこれで4度目くらいでしょうか。若い頃は、コルセット無しでも二三日経てばとりあえず日常の生活はこなせるようになったのですが、今回は駄目。年取ったのですねぇ。発送の為郵便局へ行くこともできないし、食料の買出しもできないし、食器洗いも出ない。流石にこれではいかんと思い、買いましたコルセット。装着しましたコルセット。楽だぁ...。
 誰かに腰から上を支えてもらっているようだ。楽だぁ。

 現時点で腰痛とは無縁の方も、どうぞお気をつけ下さい。思わぬときに来るのが、「魔女の一撃」。重いものを持ち上げるときなど、腰ではなく脚で持ち上げるようにして下さい。また、私の今回のぎっくりの直接的な原因は、古物商講習会で二時間狭いシートに座っていたためと思われますので、そうした時、長時間同じ姿勢をとるとき等も、気を付けて下さいね。
 腰は本当に身体の「要(かなめ)」。痛めてみると良く解る。

*ぎっくり腰:急性腰痛症。何らかの原因で腰部の筋肉・関節・椎間板等を損傷することで起こる。一般に多いのは腰の捻挫と考えられている

参考:
・マリンネット東日本大震災義援金募集情報(一部募金終了のリンク先があります)
 http://www.marine.ne.jp/staff/shinsai/
・緊急災害時動物救援本部(リニューアルしました)
 http://doubutsukyuen.org/
・福島県動物救護本部(被災した犬・猫の新しい家族を探しています)
 http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/kyuugoindex.htm
 

―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━

10/5
今日は。Used Books CARROT店主です。

 「TRA」活動(運動)というものをご存知でしょうか。TはTrap:トラップ(捕獲)、NはNeuter:ニューター(中性化)、そしてRはReturn:リターン(元の場所に戻す)を表すもの。地域住民・獣医師(また行政)が一体となりノラ猫に不妊手術を施し元居た場所で生命を全うさせる、という活動。所謂「地域猫活動」と呼ばれるものと、同義かと思います。ノラの猫たちに不妊を施し、食事を与え残りを片付け、トイレの管理をし...と、地域社会の合意の中で、ノラさんと人間の共存・共生を図る活動。一代限りとなった猫たち、ちゃんと皆で管理しますから大目に見てやってください、と。
 ノラ猫さんと人間の関係では、猫たちの頭越しに兎角猫好きと猫嫌いの間でトラブルが起こりがちですが、何とかその間で折り合いをつけて行こうという試みとも言えるかも知れません。
 不妊手術を施された猫たちは、耳先をカット(ear tipping)されている場合があります(ピアスを付けている場合もある)。「不妊手術済みだから捕まえないでね」という目印です。このことについては、健康体を傷つけるのはどうなのか、虐待に当たらないのか、理屈は解るけど心情的には一寸...など様々意見があります。施術済みであるかどうか確認が難しいノラさん、苦労して捕らえたら手術済みだった、手術済みだったのに麻酔・開腹をしてしまった...等では、ヴォランティアの人間も気の毒だし、猫はもっと気の毒。それを避けるためには、現時点では致し方のない方法かも知れません。

 ノラさん達がよく言われるように、果たして「不幸な猫ちゃん」なのかどうかは、私には判りませんが、懸命に生きている彼ら彼女らが周辺住民の方々に迷惑がられたりしているの見るのは、猫と暮らして来た者として、忍びないものがあります。人間の勝手な都合で、ノラさん達があれやこれやとされるのは、甚だ気の毒ではありますが、人間社会と否応無しに関わらざるを得ない存在としては、致し方のないことかもしれません。
 人間社会とノラさん達の存在との間で、どのようにしたら良いバランスがとれるのか、常に気になっている事柄ではあります。

参考:
・マリンネット東日本大震災義援金募集情報(一部募金終了のリンク先があります)
 http://www.marine.ne.jp/staff/shinsai/
・緊急災害時動物救援本部(リニューアルしました)
 http://doubutsukyuen.org/
・福島県動物救護本部(被災した犬・猫の新しい家族を探しています)
 http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/kyuugoindex.htm

―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━

9/10
今日は。Used Books CARROT店主です。

 この度の台風12号による水害に遭われた方々に、謹んでお見舞い申し上げます

   *      *      *      *
       *      *     *      *

 「武尊山」を「ほたかやま」読める方は、余程の山好きの方か、麓出身の方でしょうね。
 武尊山は、群馬県北部、新潟・栃木との県境近くに有る、火山(と言っても活動は二百数十万年前)。標高は2,150m(最高峰沖武尊)。北には尾瀬、東には日光がある。修験道の山として古来より名山とされ、今も素晴らしい景観や豊かな自然で人気の山。
 私、登山好きであった少年時代の愛読書「日本百名山」(by深田久弥)で武尊山と出会って以来、その個性的な名(日本武尊に由来)故か、気になる山ではありましたが、最近何故かは不明なれど強く気になり出し、現在PCの壁紙もこの山。日はまだ長くも暑さ和らぐ今の時期、標高2000m級の山を歩くには良い季節。行ってみたいなぁ...。
 諸々の事情あり(予算、病人が居る、動物が居るなどなど)、現時点では登山は叶いませぬが、何時かまた、道具を揃えなおし、登山再開となった折には是非共に登ってみたい。
 今は様々な山行(さんこう)記をネットで拝見しつつ、妄想で登っております。

参考:
・マリンネット東日本大震災義援金募集情報
 http://www.marine.ne.jp/staff/shinsai/
・緊急災害時動物救援本部(リニューアルしました)
 http://doubutsukyuen.org/
・福島県動物救護本部
 http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/kyuugoindex.htm

―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━

8/15
今日は。Used Books CARROT店主です。

 結果的には、再度薪が受け入れられた後、放射性セシウムが検出(表皮より)され、残念ながら使用断念となってしまいましたが、日本の盆を象徴する行事、京都五山の送り火(16日)で、東日本大震災被災地(陸前高田市)の薪、被災者の思いが書き込まれた薪が、その時点では放射性物質が検出されていませんでしたが、放射線による汚染被害への懸念から、焚かれることが一度見送られた件が、気になった方も多いかと思います。私も非常に気になりましたし、放射線被害を懸念する気持ちは解りますが、正直、残念に思いました。矢張り、東日本と西日本、この度の震災に 関し、気持ちに地域的な温度差があるのかなと。
 地域的な温度差と言えば、京都は、広島に近い地域。放射線或いは放射能と言ったものに関し、特に一定の年代以上の方々は、他地域(広島・長崎がある西日本以外の地域)に比し敏感になってしまうということが、若しかしたらおありなのか、とも考えます。昔は今以上に放射線に関する知識も情報も少なかった時代ですし、また京都は寸でのところで核攻撃を免れた原爆投下目標都市でもありましたし。もしそうであれば、今回の件、非常に残念な出来事ではありましたが、無理もないこととも思えます。
 何れにしろ、蒔きの受け入れ側に悪意の有ろうはずもなく、唯有るのは放射線への不安のみ。結果的に放射性物質に振り回され、関わる方々に傷を残し、或る意味総て、原発事故の被害者と言えるかも知れません。

 過ぎてしまったことはもう致し方のないことですが、教訓にしたいです。必要なのは矢張り、正確な知識・情報とそれに基づく冷静な判断・行動、と肝に銘じたいです。

参考:
・マリンネット東日本大震災義援金募集情報
 http://www.marine.ne.jp/staff/shinsai/
・緊急災害時動物救援本部
 http://www.jpc.or.jp/saigai/
・福島県動物救護本部
 http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/kyuugoindex.htm
・福島第一原発警戒区域内被災動物救護緊急提言
 http://freepets.jp

―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━

7/5
今日は。Used Books CARROT店主です。

 突然ですが、私はゴキブリが平気です。
 暑くなってくると、北海道その他寒冷地域を除き(ホテルなど暖かい場所にはいるとの話も聞きますが)、ゴキブリさんにお目にかかる場面が多くなります。我が家にも当然出ます。突然眼前に出現されれば、驚きますが、恐いとか気持ち悪いなどと言うのは余りありません。特に実害もないのですが、ただ、ウンチであちら此方汚されるのが困るので、捕まえられれば手で掴み、窓からご退散願っています。素早いですので正直捕まえるのは容易ではありませんが、でも三回に一回くらいは成功します。(因みにゴキブリは日本に50種ほど生息しています。でも家屋に住みよく見掛けるのは4〜5種程度で、他は森に住んでいるのが大半)
 私昆虫は全般平気なのです(と言うか好き)。でも同じ節足動物のクモさんはダメです。写真も直視できません。体長一センチにも満たない可愛らしいハエトリグモでも、ダメです。仕事机の上等に突然現れれば、フリーズしてしまいます。この場合、窓を開けハタキを使って、申し訳ないですが、ご退散願っています。
 ただ、網に陣取っているクモは意外と平気。同じ生きものとしてのシンパシーは感じますし、ウォッチングの対象としての興味もありますので、有る程度以上の距離を保てばじっくり観察したりは出来ます。庭に毎晩現れるオニグモなど、網張りの見事さ巧みさに見惚れてしまいます。此方に近づいてこないことが保障されていれば大丈夫と言うことでしょうか。でも、触るなんて不可能。生まれてこの方クモを手で触ったことなどないし、これから先触ることなど絶対に有り得ないでしょう。
 昆虫とクモ。確かに分類的には異なりますが(節足動物門は同じだが昆虫は六脚亜門、クモは鋏角(きょうかく)亜門)、見た目などそれ程には違わない。なのにこの私の反応の違い。何故に此処まで異なるのか、不思議。

参考:
・マリンネット東日本大震災義援金募集情報
 http://www.marine.ne.jp/staff/shinsai/
・緊急災害時動物救援本部
 http://www.jpc.or.jp/saigai/
・福島県動物救護本部
 http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/kyuugoindex.htm
・福島第一原発警戒区域内被災動物救護緊急提言
 http://freepets.jp

―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━

5/25
今日は。Used Books CARROT店主です。

 お知らせが滞りまして、申し訳御座いませんでしたが、やっと、在庫表のサムネイル設置が完了しました。お暇があれば、是非ご覧下さい。宜しく御願致します。

  *  *  *  *

 福島第一原発事故は、収束の行方は未だ霧中で、被災された方々、また動物達、また復旧に当たられている職員・関連企業の方々の健康状態等気になります。
 放射線の健康への影響は、広島・長崎での惨禍の中から、被曝した方々に対する追跡調査と言う形で長期的なデータが得られています。しかし、生態系への影響は如何なのでしょう。私は残念ながら詳しくないのではっきりしたことは言えませんが、現時点で、海陸含め、野生生物や生態系への放射線の影響については、おそらくですが研究もデータも余り多くはないのではないでしょうか。
 なるべく早い段階でなるべく広範囲に、野生生物の被曝状況や放射線の生態系等への影響を調査する必要が有ると思います。生態系は地球全体で一つのシステム。総てが何らかの繋がりを持ち合っている。半減期の長い放射性物質もあることを考えれば、将来的に何らかの問題を何処かで引き起こす可能性は否定できない。災い転じて福となすには、迅速な行動が必要と思います。

参考:
・マリンネット東日本大震災義援金募集情報
 http://www.marine.ne.jp/staff/shinsai/
・緊急災害時動物救援本部
 http://www.jpc.or.jp/saigai/
・福島県獣医師会
 http://www.fva.or.jp/
・福島県動物救護本部
 http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/kyuugoindex.htm
・福島第一原発警戒区域内被災動物救護緊急提言
 http://freepets.jp

―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━

3/19
地震・津波のお見舞いを申し上げます

 被害の余りの甚大さ、避難された方々のご苦労を思うと、言葉も御座いませんが、地震の被害に遭われた皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。また、亡くなられた方々に深く哀悼の意を表します。
 被災地また原発で救援、復旧等に当たられている皆様に、心より敬意を表します。

   *     *     *     *

 皆さん、ご無事でしょうか。
 このメルマガをお届けしている方々の中にも、被災された方、或いはご親戚またご友人等が被災された方がいらっしゃるかもしれません。ご無事をお祈りしております。
 此処東京多摩でも、大分と揺れました。我が家は家具を全て固定している為、倒れる物等はありませんでした。落ちたのも、トイレのタンクの上においてあった石鹸のポンプだけでした。が、正直驚きました。揺れの大きさもさることながら、揺れの長さに。東京育ちゆえ、少々の地震には驚かなくなっていましたが、生まれて初めて、「これは一寸やばいかも...」と思いました。ものに動じない我が家の猫も、「何々?何なの?」言った顔でベッドから出てきました。
 猫といえば、当然多くの動物達も被災しております。家族の方々と無事避難する事の出来た動物達も多いと思います。しかし、その辺りに関する報道には、私はまだ接することができません。ネット上にはぽつぽつと出ており、避難は出来たが犬が避難所に入れない、フード(食事)が手に入らない、飼い主を失った動物達がいる、手術が出来ない、など...。
 被災動物救援のため、多くのNPOが始動しています。また、阪神大震災を契機に設立された、「緊急災害時動物救援本部」(動物愛護団体及び日本獣医師会により構成される政府公認組織)が立ち上げられ、被災動物の又飼育者の支援、義援金の募集等を行っています。私も微額ながら協力させて頂きました。
(関心のお有りの方は下記をご参照下さい
・日本動物愛護協会 http://www.jspca.or.jp/
・日本動物福祉協会 http://www.jaws.or.jp/
・日本愛玩動物協会 http://www.jpc.or.jp/
・日本獣医師会 http://nichiju.lin.gr.jp/
 「人間が大変なときに動物の事など...」という言葉に、私には、人間の都合で運命を左右される動物達に対し人間には其れなりの責任がある、という答えしか持ち合わせがありません。これで納得して頂けるかどうかは分かりませんが、メディアの皆さん、その辺の報道も宜しく御願致します。また、行政には、災害時の動物達への対応を是非マニュアルに取り入れて頂けますようお願い致します。

 被災地の一日も早い復興を、心より願っております。

―――――――――――――――――――――――――

「新入荷のお知らせ」につきまして:
 入荷商品のアップが滞っております。現在在庫表に、順次商品のサムネイルを付
加しておるのですが、私の不慣れ等ありなかなか捗りません。申し訳御座いませ
んが、長い目で見てやってください。宜しく御願致します。

―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━

2/19
今日は。Used Books CARROT店主です。

 最近、「彼女ができない男性の特徴」という記事をネット上で見つけました。私、結婚はしたいと思うけれど、女性に縁の遠い身。一寸気になる。元来恋愛関連には興味が薄目なのですが、つい覗いてしまいした。
 二十項目、あれこれと、彼女のできない男性の特徴が挙げられており、成る程と思うものもあれば、そうかぁ?と思うものもあり、様々。幾つか、ズバリそれは俺の事か、とドキッとする様な項目も有りましたが、一つ笑ってしまうものが、有りました。正に私にピタリと当て嵌まるのと、それくらい問題無いだろう、許したってよぉ、と言う事柄なので。
 それは、「自転車でありえないくらい遠くまで出かける男性」。
 これ、私です。でも、問題無いでしょう。如何思いますか?この滅茶寒気強力な冬でも往復十数kmくらいならば、何の躊躇いも無くCDを借りるため隣接自治体の図書館まで、チャリで出掛けたりする私は、女性に引かれるのですか?
 そういえば、国立(くにたち)に実店舗があった頃、チャリで吉祥寺(きちじょうじ.国立からだと直線で片道≒12kmの多摩地区随一の繁華な街)までよく行きます等と女性のお客さんに話すと、大抵驚かれましたが、それは引いていたんですかね...。
 まっいいか...。好きなんだから仕様が無い(チャリ好きの男性(或いは女性)気にするな)。咲きほころび始めた梅眺めながら、今日もチャリで川向こうの図書館まで行ってきまぁす。
川向う(対岸の丘の上東寄りに図書館はある(画像は今月始めの撮影))

...わたしくに恋人ができないのは自転車云々等では当然無く、わたくしがヒトとして力不足だからなのだと自覚しております。精進したいと思います。

   *      *      *      *
       *      *     *      *

追記:
 第53回グラミー賞で、クラシック・ピアニストの内田光子さんが米クリーブランド管弦楽団を弾き振り(指揮兼任)した、「モーツァルト:ピアノ協奏曲第23・24番」において、最優秀インストゥルメンタル・ソリスト賞を受賞されました。ファンの端くれとして嬉しい限りです。おめでとう御座います。
 内田さんは、モーツァルト弾き(モーツァルト演奏のスペシャリストの意)として世界的に著名ですが、死ぬ時にはシューベルトを弾いていたい、と仰ったほどのシューベルト弾きでもあります。私は、図書館(上記の川向こうの図書館とは別)でレンタルした、内田さんの弾く、シューベルト最晩年(と言ってもまだ31歳)のピアノ・ソナタ第19〜21番が、愛聴盤。興味のある方は、是非お聴き下さい。シューベルトが死を前に
到達した、スケールの大きい深遠な世界が味わえると思います。

―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━

1/16
今日は。Used Books CARROTです。

 またやってしまった...。冬場の土いじりは気を付けなければいけないのに。
 庭で生ゴミを埋める穴を掘っているとき、冬眠中のヒキガエルを掘り起こしてしまいました。一応気を付けているつもりなのですが、何年かに一回、やってしまうのです。こっちも吃驚ですが、あちらも吃驚だよね。片眼だけ明けて、「何すんのよ」ってな感じでゴロンとスコップの上から転げ落ちてきました。スマン、スマン...。慌てて、ふんわりと土を掛け、たっぷりと落ち葉をトッピング。

 色々調べてみましたが、冬眠中のカエルは、嫌気呼吸(無気呼吸とも.解糖や発酵でエナジーを獲得する)といって、酸素なしの呼吸をしているので一応そのまま埋め戻して大丈夫なようです。別の説明でも冬眠中肺呼吸は殆ど無く、皮膚呼吸が大半(冬眠中以外でも皮膚呼吸がメイン)なので、矢張り、フンワリ埋め戻せば大丈夫なようです(湿り気は必要)。

 でも、スコップが当たらなくて良かった...。冬場の土堀りは、ホントに気を付けよう。

―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━

1/1
今日は。Used Books CARROTです。

謹賀新年

旧年中は、当メールマガジンをお読み頂き、有難う御座いました。本年も、宜しく御願致します。

 例年、私の仕事机の前には、近所の電機店に頂く、世界各地の自然風景写真が大きくプリントされたカレンダーが掛かっているのですが、本年分として頂いたのは何故か打って変わってお料理カレンダー。料理は毎日していますが、基本的に食べることに興味の薄い小生としては、正直ガッカリ(御免なさい)。で、本年は、銀行で頂いた、多摩地区の風景画があしらわれた、カレンダーを掛けました。
 鬱陶しいと一般には嫌われる梅雨も含め、どの季節も全てそれなりに好きな私ですが、基本どの季節も一ヶ月くらい経つと飽きてしまう私。このカレンダー3ヶ月づつ計4枚しかないのです。飽きてしまいそうで一寸心配。絵自体は味わいのある素朴系で結構好みなのですが...。

 重なりますが、本年も又、宜しく御願致します。

メルマガTop  店主雑記:北の離れ