Used Books CARROT | MYSTIC RHYTHMS

§Used Books CARROT:メールマガジン「はけの下」 バックナンバー
(新入荷・新掲載のお知らせ部分は除かせて頂きました)


2013

師走二十三日

今日は。Used Books CARROT店主です。

 多摩平野部も終わりの季節を心身ともに実感する頃合い。並木も雑木林も、もうすっかりと冬ざれてしまいました。
 こんな季節はなぜかコーヒーが美味しい(インスタントね)。普段あまり飲まないのですが何故か恋しくなる。
 このコーヒーについてある事柄を最近知りました。それは、「コピ・ルアク(Kopi Luwak)」と呼ばれる、超高級コーヒーについてのある問題。
 コピ・ルアクはコーヒーの実を食したマレージャコウネコの糞中に含まれる未消化のコーヒー豆の事。非常に美味と一部で珍重され超高価だそう。主にインドネシア、フィリピンなどで生産されています。
 ところが一部でその生産の仕方が問題視されています。捕えられた野生のルアクが、良好とは決して言えない飼育環境下で限度を超えた量のコーヒー豆を食べさせらている、そうした例が少なくないのだとか。勿論そうした飼育による生産方法がすべてではなく、野生ルアクの糞を採取するという方法もとられていますが、当然相当希少。自然、前者の生産方法へと傾いてゆく。
 コピ・ルアク生産に携わり生計を立てていらっしゃる方々が当然いる訳で、一概に飼育生産を否定は出来ませんが、出来ればルアクに負担をかけないような生産基準設定等して頂きたい。インドネシア政府も基準を設けそれに反する場合は違法とする方向に向かっているとのお話もあるようですが、是非進めて頂きたい。こうした問題は往々にして「動物か人間か」となりがちですが、「動物と人間と」という視点で速やかに進めて頂きたい。

 マグロやウナギなどについてもそうですが、我々が食品を食卓に上らせるという何気ない行為が、種の絶滅やアニマルライツまたアニマルウェルフェアに大きく関わることがあると言うことについて、もちょっと敏感であらねばなと、思う次第です(コピ・ルアクが我が家で飲まれることはあり得ないけどね)。

 最後になりますが、一年間有難う御座いました。来年も、宜しく御願致します。

*コピ・ルアク:インドネシア語でコピはコーヒー、ルアクはマレージャコウネコ
*マレージャコウネコ(Paradoxurus hemapphoroditus):ジャコウネコ科。インドから中国東部、東南アジアの森林に分布。パーム・シベット
*アニマルライツ(動物の権利):動物には人間に利用されずに自然に生きる権利が存在しそれは人権同様尊重されるべきという考え
*アニマルウェルフェア(動物福祉):人間が動物を利用するのはやむを得ないが動物の受ける苦痛は最小限に抑えなければならないという考え

....................................................

・どうぶつ救援本部
 http://doubutsukyuen.org/
・福島県動物救護本部(被災した犬・猫の新しい家族を探しています)
 http://www.fuku-kyugo-honbu.org/

―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━

霜月十一日

今日は。Used Books CARROT店主です。

 更新ミスによるドメイン失効の為、11月5日より数日間アクセス不可の状態となってしまいました。
 ご迷惑をおかけし、申し訳御座いませんでした。

 *    *    *     *

 OSをwindows8.1へと、アップグレードしました。現時点では特に不具合もなく使わせてもらっていますが、ダウンロード開始からインストール完了まで、15時間ほどもかかり、閉口しました。その間PCは使用できるのですが、インストール最終段階の頃は私の就寝時間にまでかかってしまったので、寝るに寝られず、困った。(夜更かしできないような齢になってしまったよ)
 この「8.1」、彼是いじっていると「ピクチャパスワード」と言う機能が目に付いた。設定した好みの画像上で、「円」「直線」「タップ」の三つの動作を組み合わせパスワードとするものなのですが、「8」の時からあったそうです。私は全く気付かずおりました。使ってみるとちょっと面白く、現在通常の文字パスワードよりこちらでサインインするほうが多い。
 画像は、PC内のギャラリーを彼是探し、歌川広重「不二三十六景」中の「武蔵野」としました。暮色濃い草原に、無彩の薄と女郎花(と思われるが、藤袴かも)が風に靡き、低い雁行の向こうに富士が見える。茫漠たる秋の広野(こうや)に富士山、と言う古来よりのステレオタイプ化された武蔵野を描く、所謂”武蔵野図”系。
 この様にこの絵、ベタといえば可也ベタな絵で、数ある広重の作品中でもあまり評価されることのない地味目な作品。でも好きなのです、この武蔵野イメージ(”武蔵野図”も含めてね)。我が地元だし。
 あぁ、この荒野(あらの)に立ち、風に吹かれたい。

 武蔵野やゆけども秋のはてぞなきいかなる風か末に吹くらむ

*不二三十六景:広重初の富士山連作もの(1852年頃)。数年後に「冨士三十六景」も出版。前者は横長、後者は縦長で作風も異なる
*女郎花、藤袴:オミナエシ(オミナエシ科)とフジバカマ(キク科)。ともに秋の七草に数えられる山野に生える多年草。フジバカマは古く(奈良時代)中国より渡来した外来種
*雁行(がんこう):空を行くガンの列。前を飛ぶ個体の発生させる翼端渦を後ろの個体が利用して飛ぶため、V字型や斜め直線型となる
*武蔵野やゆけども・・・:鎌倉時代の公卿・歌人、左衛門督通光(さえもんのかみみちてる)(源(久我(こが))通光(1187-1248))の歌。「新古今和歌集」巻四(秋上)三百七十八番。観念的産物かもしれませんが、一瞬にして人を原野に運ぶ力を感じる好きな歌

....................................................

・どうぶつ救援本部
 http://doubutsukyuen.org/
・福島県動物救護本部(被災した犬・猫の新しい家族を探しています)
 http://www.fuku-kyugo-honbu.org/

―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━

神無月二十日

今日は。Used Books CARROT店主です。

 寒いです。現在外気温は12℃。室温は16℃。足先が・・・冷たい・・・。エアコンなしの仕事部屋は、冬場は小さなヒーター(可燃物(本)だらけの仕事部屋で比較的安全性が高いと思われるセラミックヒーター)で足元を温めているのですが、まだ、早い。出番は来月予定。でも、足が、痛いほど冷たい・・・。
 そこで、必殺技を使うことにしました。これは足先を温めるには効果絶大。ただこの技、両刃の剣で、実はダメージも大きい。なので、余り使いたくはない。だが然し、余りに足が冷たい・・・。
 どのような技かと言いますと、私の場合で言えば、椅子の上(寝ているときは布団の中)で胡坐をかき、左右の爪先を、適宜交替させながら其々反対側の足の太ももと脹脛(ふくらはぎ)の間に挟むのです(左右同時は無理)。足先が、太もも、脹脛そして膝裏に包まれ、自身の体温でぬっくり・・・。可也即効性もある。ですが、脚が痺れ、また不自然な姿勢の為背中が痛くなるのです。それだけならまだ良いのですが、腰痛持ちの私には危険。明らかに腰椎の辺に違和感が生じる。よって短時間しか続けられないのです。でも、ホント、嘘のように足先が温まるのですよ。
 おそらく、他にもこの技を使っていらっしゃる方はいると思うのですが、非常にエコでお薦め。でも、腰の弱い方、余り身体に柔軟性のない方には、一寸厳しいかも。

....................................................

・どうぶつ救援本部
 http://doubutsukyuen.org/
・福島県動物救護本部(被災した犬・猫の新しい家族を探しています)
 http://www.fuku-kyugo-honbu.org/

―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━

長月十七日

今日は。Used Books CARROT店主です。

 台風18号による被害に遭われた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます

 *    *    *     *

 近所に、いつもお世話になっている、都立のがん検診センターがあるのですが、ここの駐車場脇に、木立に囲まれ、長さ25m・幅6m程の幾何学的な形をした池があります。ここに可也の数のカメさんがお住まい。正確に把握していませんが、おそらく数十匹は居る模様(植え込みの中で休んでいる個体も居るので良く解らない)。池端に立ち眺めていると、食べ物をねだって多いときは十数匹が泳ぎ寄って来ます。
 この池は、子供の頃から知っていますが、以前はこれほどカメは居なかった。がん検診を受けるようになって久々に池を見、カメの多さに驚きました。何故これ程に?
 ここのカメ達、大半は顔横に赤い模様の目立つ北米原産のミシシッピアカミミガメで、5匹に1匹くらい顔横に黄緑のラインが入るクサガメが混じる。池の周辺にはカメ達の生息可能な環境は一切ないので、何方も人為的に持ち込まれたのは確実です。両種とも、飼育しきれずあちらこちらの池や川に遺棄されることも多いため、おそらくですが、彼ら彼女らの多くは同様に遺棄された存在ではないかと考えられます。池建設当初にコイなどと共に飼われたものやその子孫もあるやも知れませんが、それだけでここまで増加するとはちょっと考え難い。
 今全国的に、遺棄される外来生物の存在が問題となっています。ミシシッピアカミミガメを含め、その増加により生態系や農業等への影響が懸念されています。

 この検診センター横の池の場合、周囲から隔絶した環境ですから、カメ達による生態系への影響は懸念する必要はありません。また、それほど寒くはならないので越冬も心配ないでしょう。お隣の総合医療センターでお世話され、患者さん等にも可愛がられている様なので、それも安心。
 ですが、検診センターからの帰り道、池に寄り、カメ達に癒されつつも、彼ら彼女らの仲間が大量に遺棄されている現実を想起すると、一寸、重い気分になる。

*クサガメ:自然分布は有るが、本州・四国・九州のものは江戸時代に朝鮮半島から移入され定着したもの、他地域のものは後に移入されたものと考えられている。つまり元来は移入種(外来種)。「ゼニガメ」の名で幼体販売されることが多い(「ゼニガメ」は本来は在来種の二ホンイシガメの幼体名)
*ミシシッピアカミミガメ:外来生物法の規制対象とはなっていないが、生態系に悪影響を及ぼす可能性が高い為、要注意外来生物として、規制対象とするかいなかを検討されている。幼体は「ミドリガメ」として販売される場合が多い

....................................................

・どうぶつ救援本部
 http://doubutsukyuen.org/
・福島県動物救護本部(被災した犬・猫の新しい家族を探しています)
 http://www.fuku-kyugo-honbu.org/

―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━

葉月五日

今日は。Used Books CARROT店主です。

 当店は、東京郊外の結構に鄙びた住宅街にあるので、庭にいろいろと来客がある。もう一月ほど前のことで少々古ネタですが、こんな客人が居りました↓。
コクワガタ コクワガタの♀。学名は、Dorcus rectus。「rectus」(種小名部分)は「真っ直ぐの」の意。♂の大顎が他のクワガタムシに比しカーブが緩いからでしょうか。北海道から九州に広く分布し、東京郊外多摩地区でも、最も馴染みの深いクワガタムシ。余りに馴染み深すぎて、子供の頃近所の雑木林でカブトムシやクワガタムシを探し回っているときなど、クワガタを見つけても、コクワガタと分かった瞬間「なんだコクワじゃん」と、可也がっかりし可也失礼な発言をしていました。目の色変えて探していた大人気のヒラタクワガタに遠目だと一寸似ているんですよね。
 コクワさん、ずいぶんと久しぶりにお目にかかった。我が家の庭では初めてですね。可也いろいろな昆虫がやってくるので、おそらく私が気付かなんだだけでしょう。この個体も、母が危うく踏み掛けたのを、「こんなの居たよ」と私に手渡したので知った次第ですから。
 私が手渡された時点で擬死(ぎし.死んだふりですね)状態でしたが、その後も可也長い時間縮めた脚を展ばさない。弱っているのか、とも思いましたがそのうち動き出しました(画像)。写真を撮って後、庭木の幹にとまらせたらば、元気よく登ってゆきました。撮影に付き合せて済まんかった。

*コクワガタ:コウチュウ目クワガタムシ科オオクワガタ属コクワガタ亜属。日本のほか朝鮮半島、中国、台湾など東アジアに広く生息。ノコギリクワガタなどと異なり成虫で越冬する。南西諸島他離島に亜種がある
*擬死:動物が急な刺激に対し反射的に動かなくなる反応。死んだふりと言うより、即座に脚を縮め落下して逃れる、一般に動くものに反応する捕食者の目から逃れる、等の意味合いの行動と考えられている

....................................................

・どうぶつ救援本部
 http://doubutsukyuen.org/
・福島県動物救護本部(被災した犬・猫の新しい家族を探しています)
 http://www.fuku-kyugo-honbu.org/

―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━

文月十一日

今日は。Used Books CARROT店主です。

 仏教は元来、空・無常の哲学で、霊魂の存在は否定していると、一般にはされています。なのでそれに従って考えると、祖先の霊を迎えて云々と言う、お盆の行事は、仏教行事ではありえないことになります。お盆は、中国古来の風習と中国仏教の行事が混ざり合い生まれたとされる、「盂蘭盆会(うらぼんえ)」が、さらに日本在来の祖霊崇拝などの信仰・風習とが結びついたものと考えられているようです(諸説あり)。
 東京って、7月にお盆を迎えます。新暦採用の明治新政府のお膝元だったかららしいのですが、私はなんかしっくり来ないのです。やっぱり、お盆は8月でしょう。蝉時雨に包まれ、夏の終わりの近づきがそこはかとなく寂しさを醸す中でのお墓参りが、いい。何処とはなく力を失って来た陽射しの中での盆の賑わいが、一寸物悲しくっていい。
 7月半ばの東京は、蝉の声はまだ稀(私は今日初めてアブラゼミの声を聞いた)なのです。陽射しは、まだまだこれから、とエナジーたっぷりなのです。

*お盆:全国的には新暦8月15日(月遅れ)に行われる場合が多い。戦没者慰霊の意味も込めてとか農繁期を避けてとか諸理由があるらしい
*盂蘭盆会:中国生まれの経典「盂蘭盆経」を拠り所とする

....................................................

・どうぶつ救援本部
 http://doubutsukyuen.org/
・福島県動物救護本部(被災した犬・猫の新しい家族を探しています)
 http://www.fuku-kyugo-honbu.org/

―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━

水無月十八日

今日は。Used Books CARROT店主です。

 私の利用しているスーパーは、東西に一つずつ出入り口があり、その外に駐輪場があります。西側は出入り口を出てすぐに駐輪場ですが、東側は搬入口や駐車場入り口との位置関係で、置き場入口まで約30mと少々距離がある。そのため、店内からそのまま駐輪場までショッピング・カートを使用し、出入り口横のカート置き場まで戻さず放置するパターンが非常に多い。確かに、自転車かごに荷物を置きさらしてカートだけ返しには行き難いでしょうね。でもここが日本人の律義さか、多くのカートはお店に一番近い場所にちゃんと重ね合わせてまとめ置かれている。しかし一部は、駐輪所の彼方此方また敷地外のバス停(お店出入り口から60mくらい)横に放置されていたりもする。
 私は、この東側駐輪場を利用した際は、放置カートを2・3台店内まで序でに運ぶようにしています(西側駐輪場にはめったに放置カートはない)。1台はそのまま自分で使用する為(腰が痛いので)、他はカート置き場に戻すため。
 何故そうするようになったかと言いますと、或る日この駐輪場で私のすぐ隣に自転車を止めた女性が、お子さんと思しき女の子(小学低学年くらい)に、「一台持って行ってあげなさい」と放置カートを指さし、自らも1台のカートを店内まで押していったのを目撃した為。「成程、尤も」と思い、早速見習った次第です。
 カートの店外持ち出しは、高齢のお客さんや小さいお子さん連れのお客さんの場合など、致し方ない部分も多々あるとは思います。ただ、このカートを片付けるお店の方が気の毒。多いときはざっと20台くらいを大きな音を響かせながら店内まで押し運んでいらっしゃる。たまに私がカートを運んでいるときに、カートを片付けに出ていらしたお店の方と遭遇することがあります。「有難うございます」と、有難くも声をかけて頂くのですが、勝手にやっていることだし、逆にお店の方に失礼か、という思いもあるので、ちょっと気恥ずかしい。

....................................................

・どうぶつ救援本部
 http://doubutsukyuen.org/
・福島県動物救護本部(被災した犬・猫の新しい家族を探しています)
 http://www.fuku-kyugo-honbu.org/

―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━

皐月五日

今日は。Used Books CARROT店主です。

 ツバメ、見ましたか?。
 最近、多くの地域でツバメが減ったと感じている方が多いようです。日本野鳥の会による調査(2012年.小生も参加)結果報告書によると、分布域の減少はみられなかったのですが、39%の方がここ十年でツバメが減ったと回答しています。減少の要因は様々挙げられていますが、一番多かったのがカラスによる影響でそれに次ぐのが人間による巣の撤去でした。どちらも首都圏や近畿、また中京、九州北部などの都市部から寄せられたものが多くなっています。カラスの増加は人間の出す生ごみによる影響とも言われています。そう考えると前後者ともに、直接間接の違いは有れ、人間側に問題があると言えそうです。
 ツバメ同様、人間に最も近しい野鳥であるスズメも減少が報告されています。営巣に適した瓦屋根が減少したからとも言われていますが、気になるのは都市部でヒナの生存率が低いこと。農村部では育つヒナが2を超えるのに都市部では2に満たない(人間の少子化と同じで、2羽のカップルから2羽はヒナが育たないと種を維持できない)。都市化によって昆虫などが減り餌不足になっているのではとも考えられています。
 ツバメ・スズメが減ったと逆に、東京多摩ではメジロ、ウグイス、エナガ、ハクセキレイなど増えた或いは以前は冬場にしか見掛けることのなかった鳥を周年見掛けるようになったという変化もあります。生物のこうした変化は環境の変化に起因する場合が多いので、人と生活圏の重なるこうした生物たちの変化は人にとっても無縁とは言えません。
 ツバメやスズメ、野鳥なんぞ気にもならないと言う方も多いとは思いますが、一寸ウォッチングしたら、何か見えてくるかも。

*気になる方も多いと思いますがツバメが鳥インフルエンザに感染した例は知られていません。詳しくは下記サイトをご参照ください。
http://www.wbsj.org/wbsj-blog/swallow/

....................................................

・どうぶつ救援本部
 http://doubutsukyuen.org/
・福島県動物救護本部(被災した犬・猫の新しい家族を探しています)
 http://www.fuku-kyugo-honbu.org/

―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━

卯月十四日

今日は。Used Books CARROT店主です。

 先月末日、このメルマガを送らせて頂いた辺りより、急激な体調悪化(内耳の障害によると思われる吐き気、悪寒、めまい)のため寝込んでしまいました。よって翌日より臨時休業とさせて頂きました。このメルマガを見て、サイトをご訪問頂いた方には、誠に申し訳ない形となってしまいました。本日より再開させて頂けるようになりましたので、改めてメルマガを送らせて頂きます。重複してしまい、申し訳御座いませんが、宜しく御願致します。

 この度は急なお休みでご迷惑をお掛けしました。申し訳御座いませんでした。

(体調悪化の顛末・詳細は、店主雑記「北の離れ」http://www.ub-carrot.com/webX.13.htmlに書かせて頂きました)

....................................................

・どうぶつ救援本部
 http://doubutsukyuen.org/
・福島県動物救護本部(被災した犬・猫の新しい家族を探しています)
 http://www.fuku-kyugo-honbu.org/

―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━

弥生三十一日

今日は。Used Books CARROT店主です。

 PCの引っ越しをしました。七年ぶりです。今までお世話になったPCはメモリもストレージ容量も不足気味だし消費電力も大きいし、そろそろ替えねばなならぬかなぁ、と思っていたところへ、windows8リリース。これはナイスなタイミングかもと、思い切りました。ただ店頭販売(標準)モデルは私的には不要な部分も多く(HDDに1TBもいらないし)価格もそれなりするため、メーカー直販サイトでカスタマイズして購入しました。ずいぶんと割安です(しかも3年保証)。
 カスタマイズのポイントは、消費電力。デザイン・機能・性能などへの私の希望・要求をある程度満たしつつその総体の中で、これをなるべく小さくする、というこの点に一寸拘りました。
 そこで、プロセッサーは(少なくもカタログ上では)上位のもの程消費電力が少なくなるので、上から二番目のもの(予算的に限度)をチョイス。そして部屋の照明なしでも仕事ができるようにキーボードにバックライトをつけました。震災以来、消灯状態で仕事をすることには完全に慣れましたが、薄暮、雨や曇りの夕刻そして夜間は、如何にも無理。キーが打てない。ケータイみたいにキーにバックライトがあれば照明なしでもOKなのになぁと常々感じて居ったので、少々予算は嵩みましたが、搭載しました。便利です。照明なしでも問題なくキーが打てます。
 しかし、新PC、七年前の旧PCの半分の消費電力で尚且つ可也の高性能。PC研究・開発に携わる方々の努力にはただただ敬服するばかりです。
 ああ、でも、どんなに高性能のPCでも慣れるのが大変。windows8自体も新しくなったソフトもまだ分かんない点がいっぱいあるよ。

*ストレージ:ハードディスクなどの記憶装置の総称
*プロセッサー:CPUなどの処理装置の総称。PCの頭脳

....................................................

・どうぶつ救援本部
 http://doubutsukyuen.org/
・福島県動物救護本部(被災した犬・猫の新しい家族を探しています)
 http://www.fuku-kyugo-honbu.org/

―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━

如月十七日

今日は。Used Books CARROT店主です。

 ふと思ったのです。私に若しもの事があった場合、私に或いは私の関わるあれや此れやはどうすればよいのだろ、と。
 そこで、若しも私が死ぬこととなった場合のため、「エンディング・ノート」を作成しようと彼是と考えましたらば、色々と予め考え準備しておかねばならないことが山積ではないですか。
 まず、アルツハイマー病のおばあちゃん。こちらは施設にお願いするしかないですが、すぐ入れる施設など今はない。如何する?そして猫。誰にお願いしたら良かろうか...。お葬式とお墓に関してはどちらも無用で、火葬後散骨を希望するけれど依頼する業者さんは決めておかねば迷惑になりますね。PCやHD内のデータ管理も古物商許可証返納も誰かに頼まねばなりません。脳死の場合の臓器提供(提供します)についてはドナーカード(財布の中)もあるしwebサイトにも登録してあるからよいけれど、延命治療を望まないことは何処ぞに明記しておかねばなりません。僅かながらある預貯金の寄付(環境NPOに)についてもちゃんと書いておかねば。そうそう、web上のblog(http://blog.livedoor.jp/u.b.c/)は残しておいてね、とも書いておかねば。(他にも後から後から必要そうな項目が思い浮かぶ)
 「エンディング・ノート」を書き始めたのはよいのですが、それを何処に置くか(現在はPC内)、誰に見てもらい誰に彼是とお願いするか、その辺りも考えて決めて置かねばなりません。先月のメルマガ(1月6日号)にある通り、奥さんも子どもも居らぬ身なれば、まずそこを何とかせねば。
 う〜ん、難しい...。

*エンディング・ノート:「人生締め括りの書」的な日本での造語。死後の指示や要望を記すが法的効力はない

....................................................

・どうぶつ救援本部
 http://doubutsukyuen.org/
・福島県動物救護本部(被災した犬・猫の新しい家族を探しています)
 http://www.fuku-kyugo-honbu.org/

―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━

睦月六日

今日は。Used Books CARROT店主です。

 わたしは現在独身で、身の程も知らず結婚を望んでおります。嘗ては所謂「婚活」もしてはおったのですが、結果の出ない日々に疲れたか、或いは飽きたのか、はたまた己を知ったのか、最近は特に何もせず時の流れに身を任し、なすがまま、キュウリがパパ状態。でも、何時かは結婚を...という思いの火は未だ残っております。
 しかし、既婚の方に「結婚したいんですよ」と婚活中のわたしが話したとき、肯定的な返答が戻ってきたことが無かった。戻ってくるのは「結婚だけが幸せじゃないから」か「独りが気楽で良いじゃない」のどちらかでした。みんな結婚に対しそんなに否定的なの?
 ところが、とある「結婚したいと思いますか?また、すでに結婚されている方はご自身の結婚生活についてどう感じていますか?」というアンケート(2012年11月実施)に「結婚を後悔している」との回答は6.7%。「結婚していて幸せ」は25.9%、「結婚していて、特に問題もなく普通」が28.1%で、否定的な回答は思いのほか少ない(他は「今すぐに・近いうちに・いつかは結婚したい」が17.8%、「ずっと独身でいたい」5%、その他16.5%)。
 俺の聞いた答えと大分違うな...。これは、わたしが話した既婚の方々がわたしという人間を見て、「コイツは結婚に向いてないな」「コイツが結婚したらみんな不幸になるぞ」と深く読んで、結婚に逸るわたしを諭すために仰ってくださったのでしょう、おそらく。今頃やっと気付きましたか、と言われそうですね。

 己を顧み、難しいとは思いますが、良き相方を見つけられるよう、様々努力したいと、年初に思っておる次第です。

....................................................

・どうぶつ救援本部
 http://doubutsukyuen.org/
・福島県動物救護本部(被災した犬・猫の新しい家族を探しています)
 http://www.fuku-kyugo-honbu.org/

―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━

睦月一日

謹賀新年

昨年は"Used Books CARROT"web開店十週年でした。続けてこられたのも皆様方のお蔭です。有難う御座いました。
今年もまた、宜しく御願致します。

皆様にとり、この一年が良きものとなりますように。

*以下に新年のご挨拶を書かせて頂きました。宜しければご覧下さい。
http://ub-carrot.com/webX.13.html

....................................................

・どうぶつ救援本部
 http://doubutsukyuen.org/
・福島県動物救護本部(被災した犬・猫の新しい家族を探しています)
 http://www.fuku-kyugo-honbu.org/

メルマガTop  店主雑記:北の離れ