Used Books CARROT

買取

買取について(お読みください)

 買取価格表
 月刊絵本を中心に現時点での買取価格、及び価格全般に関するご案内

 web買取
 本を郵送・宅配でお送り頂けます。査定・買取のご依頼は此方から

買取ジャンル

本人確認について

必ずお読み下さい(買取について)

特定商取引法に基く表示


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

絶版・品切れで市場から消えて行った本達を、こどものとも・かがくのとも・おはなしチャイルド等月刊絵本を中心に買取らせて頂いております。
内容や希少性も考慮し、原則一冊々査定させて頂きます。整理をお考えの本がありましたら、一冊からでも気軽に査定ご依頼下さい。

買取ジャンルを参考に、ご検討宜しくお願い致します。

宜しくお願い致します ご不要の本、求めている方へ、webに乗せてお届けします

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

買取ジャンル('17年2月現在)

買取れる本
買取価格表掲載本
月刊絵本:こどものとも、こどものとも年中向き、こどものとも年少版、かがくのとも、たくさんのふしぎ、おはなしチャイルド 他
月刊絵本につきましては、買取価格表掲載本及び1950年代〜1980年代前半の号中心となります。
また、申し訳御座いませんが、号によりお引取り出来ない場合があります
(月刊絵本の査定については、こちらを)

上記など、絶版や品切れで市場から消えて行った本を取扱いさせて頂いております。原則一冊一冊評価し、本の状態だけではなく、内容や希少性も考慮しています。上記を参考に、ご検討をお願い致します。
尚、上記に有る本でも、状態や在庫状況また市場動向等に依りお引取りできない場合が有ります。予めご了承下さい。ご不明の点は、お気軽にお問合せ下さい。

買取休止中の本
・単行本絵本(ハードカヴァー)
・知育絵本
・児童書:絶版童話、1970年代以前のケイブンシャの大百科や懐かしの怪獣もの
・雑誌:ナショナルジオグラフィック、インターナショナル・ゲオ(GEO)・マガジン
は、在庫スペース等の関係で現在、買取価格表掲載の本を除き、買取を一時休止させて頂いております。申し訳御座いません。
*上記何れも買取価格表掲載本を除く

買取れない本
・上記「買取れる本」以外の本
買取価格表掲載以外の文庫・新書・単行本・専門書・まんが・雑誌等
・百科辞典 各種全集
・辞書 実用書 教科書 参考書 ゲーム攻略本 雑誌 パンフレット 洋書 特定組織関連書(社史他)
・図書館等の処分本
・現在刊行中の文庫 新書 単行本 ノヴェルズ 専門書 まんが
・ヨゴレやイタミの目立つ本 落書きや傍線の有る本 マガリ、ユガミ、ヤブレ、ウォーターダメージの有る本、タバコ臭の強い本等、コンディションの良くない本
・カヴァー(又は函)のない本(本来カヴァー(函)のないタイプを除く)
等は、申し訳ありませんが、お取扱いができません。
尚、上記以外の本でも、状態や在庫状況、市場動向、又ジャンル等に依りお引取りできない場合が有ります。予めご了承下さい。ご不明の点等御座いましたら、気軽に
お問合せ下さい。

*お問合せが多いのですが、百科辞典・全集残念ながら、お引取できません。また、全般的傾向ですが、比較的最近発行された本は、お引取り出来ない場合が、多くなります

お読みください

お手数ですが、買取に付、以下をご確認下さい。

本人確認について
古物営業法に則り、買取ご依頼すべてのお客さまに対し、都度、本人確認をさせて頂いております。
詳細につきまして、お手数では御座いますが必ず以下をご覧下さいますよう、お願い致します。

書籍他の万引き被害品の市場流入(古物商への売却)の増加等を受け、犯罪抑制のため、古本(古物)買取に関する条例・法律の規定が大変厳しくなっております。以前と異なり、買取価格に関わらない、買取時の本人確認及び記録(帳簿等への記載)が義務付けられました(平成23年4月1日施行)。
よって、
《1》 法第15条の規定により、買取金額に関わらず買取時の本人確認が必要となります
《2》 法第16条の規定により、お名前・ご住所・ご職業(勤務先名称および役職名)・年齢等を帳簿記載(記録)させて頂きます。

当店では《1》の為、買取ご希望のお客様に、本人確認用として、お名前・現住所・生年月日等が記載された、
【A】本人確認資料のコピー又はコピーと同程度に鮮明な確認資料の画像
若しくは、
【B】住民票の写し(コピー不可)
をお送り頂いております。

また《2》の為、本人確認資料とは別個に、ご職業(勤務先名称及び役職名)・生年月日(確認資料に明記が有る場合を除く)・お電話番号及び入金ご希望預貯金口座(ご本人名義に限る)を明記した帳簿記載用資料(メモ)をお送り頂いております。

まずは以下に、《1》の本人確認の大まかな流れをご覧ください。

本人確認 本人確認の大まかな流れ
お客さまに、本人確認資料(【A】免許証・健康保険証等のコピーまたは画像、或いは【B】住民票の写し)をお送り頂く

当店より、そこに記載された住所に、転送されない扱いで簡易書留で葉書を送る

お客さまに、葉書に記載された「本人確認番号」をメールでお知らせ頂く

当店より、本人確認資料に記載されたご本人名義の預貯金口座に代金を入金

(二回目以降の本人確認につきましてはこちらを)

と言う運びになります。

次に、確認資料送付方法及び確認方法等を詳しく、【A】、【B】に分け以下に説明させて頂きます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【A】 本人確認資料のコピー又はコピーと同程度に鮮明な本人確認資料の写真画像の場合
「本人確認資料」としてご利用可能なものは以下の通りです。

・運転免許証
・公的機関による各種免許証
・各種健康保険証
・住民基本台帳カード
・パスポート(日本国旅券)
・学生証
・社員証
等のコピー又はコピーと同程度に鮮明で、現住所・氏名・生年月日等の記載内容がはっきりと読み取れる、デジタルカメラ・携帯電話カメラ画像またスキャナで読み込んだ画像(画像プリントアウトも可)

*コピー又は画像をプリントアウトしたものは、本と共にお送り下さい。画像の場合は、メールに添付し本を発送する時に送信して下さい
*個人番号カード(マイナンバー・カード)及び通知カードは、安全管理の観点より本人確認資料の対象外とさせて頂きます。コピーを提出頂いた場合は、当店にて裁断後廃棄(画像の場合削除)させて頂きます

なお上記確認資料につきましては、
*氏名・現住所・生年月日の記載が有るものに限ります。裏面に住所記載がある場合は表裏両面必要となります
*有効期限内のもの(期限のないものは作成より半年以内のもの)に限ります
*画像は確認資料の全体が写るよう撮影して下さい
*二回目以降の買取では不要となります(詳細はこちら

不鮮明で読み取れない場合は申し訳御座いませんが再度送付して頂きます

(各種資料は取引の記録として一定期間保存させて頂きますことを、予めご了承下さい プライヴァシィ・ポリシィ

本査定額のご了承を頂いた後、本人確認資料に記載されましたご住所に、転送不要の形で簡易書留」の葉書を送付させて頂きます。葉書をお受取頂きましたら、記載の「本人確認番号」をメールに記載しお送り下さい。「本人確認番号」による確認の後、代金を確認資料に記載されたご本人(買取お申し込みのお客さま)名義の預貯金口座へ入金させて頂きます。
*葉書に記載された各種番号は二回目以降のお取引の際重要となりますので、葉書は第三者に見られたりせぬ様大切に保管して下さい(詳細はこちら

・簡易書留の葉書はお留守の場合局へ持ち戻りとなってしまいますが、日本郵便HPより再配達を申し込むことが出来ます(電話も可)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【B】 住民票の写しをお送り頂く場合
「住民票の写し」、とはコピーではなく市区町村で発行を受けた以下のものを指します。

・住民票の記載事項証明書
・戸籍謄本・抄本
・印鑑登録証明書


*本と共に同梱しお送り下さい

なお上記確認資料につきましては、
*現住所が記載されているものに限ります
*発行より三ヶ月以内のものに限ります
*コピーしたものは不可となります
*二回目以降の買取では不要となります(詳細はこちら

住民票の記載事項証明書:住民票記載事項の内、住所・氏名・生年月日・性別、の四項目を証明すればよい場合に利用されるもの
戸籍謄本・抄本:「謄本」は戸籍に記載された全ての情報写したもの、「抄本」は戸籍に記載された一部(一人)の情報を写したもの
お送り頂くのは、「住民票の記載事項証明書」で結構かと思います。お住まいの各市区町村窓口にて発行してもらえます。料金はお住まいの地域により異なります

(各種資料は取引の記録として一定期間保存させて頂きますことを、予めご了承下さい プライヴァシィ・ポリシィ

本査定額ご了承のメールを頂いた後、代金を確認資料に記載されたご本人(買取お申し込みのお客さま)名義の預貯金口座へ入金させて頂きます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

帳簿記載用資料につきまして
《2》の帳簿記載に関しましては、以下の項目が明記された資料が必要となります。

・買取代金送金先金融機関名・口座種類・口座番号・名義(ご依頼者ご本人の名義に限ります)
ご職業(勤務先名称及び役職名等)
生年月日(本人確認資料に明記が有る場合を除きます)
・お電話番号

(各種資料は取引の記録として一定期間保存させて頂きますことを、予めご了承下さい プライヴァシィ・ポリシィ

上記【A】、【B】どちらの場合も、本人確認資料の他に、メモ書き程度でかまいませんので、本と共にお送り下さいます様お願い致します。
(二回目以降のお取引の場合、内容に変更がなければ、当資料は不要となります)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

二回目以降の買取における本人確認について
二回目以降のお取引では、本人確認資料及び簡易書留の送付は不要となります。ただし、初回にお知らせした「本人確認番号」が必要となります。
初回にお送りした、番号及び番号が記載された葉書は第三者に見せたりせず、大切に保管して下さいます様お願い致します。

*初回とお名前またはご住所が変更となっている場合は、申し訳御座いませんが、新たに本人確認資料及び簡易書留の送付が必要となります(「本人確認番号」が不明となった場合も同様です)。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

以上、ご面倒と思われるやも知れませんが、犯罪抑制・防止のため、御手数では御座いますが、ご協力の程宜しくお願い致します。
また、併せて以下もご確認ください。

・買取ご利用のお客さまの現住所と確認資料の現住所が一致しない場合、買取を承ることは出来ません。

・東京都条例により、18歳未満の方からの買取は行なえません

・古物営業法の規定により、ご自宅・居所以外の場所(マンションのエントランス等も含む)での本のお受取は出来ません。

代金お支払い等について
・買取代金のお支払いは、本人確認資料に記載された、買取お申し込みのお客さまご本人名義の預貯金口座への入金とさせて頂きます(ご家族口座も不可)。

・本人確認方法【A】では、本査定額ご了承を頂いた後、本人確認資料に記載されましたご住所に、転送不要の形で「簡易書留」の葉書を送付させて頂きます。葉書をお受取頂きましたら、記載の「本人確認番号」をメールに記載しお送り下さい。「本人確認番号」による確認の後、代金を御本人名義の預貯金口座へ入金させて頂きます。
本人確認方法【B】では、本査定額ご了承を頂いた後、代金を御本人名義の預貯金口座へ入金させて頂きます。

・本査定金額をご連絡後、二週間以内にご返事が頂けませんでした場合、本人確認が完了している件につきましては、提示金額をご了承されたものとし、誠に勝手ながら、支払い手続きを行わせて頂きます。予めご了承下さい。

・買取代金お支払い後のご返品には、申訳有りませんが応じられません。

査定等について
・価格表等の価格は、ある程度新本に近い状態を想定したものです。また在庫状況等により、変動する場合が有ります。

・在庫状況等により変化する場合が御座います為、申し訳御座いませんが、査定額はご連絡差し上げた時点のみのものとさせて頂きますます(「ご連絡差し上げた時点」:此方からの査定額連絡メール送信時点)。

・査定にご納得していただけなかった場合の返送料は、申し訳ありませんがお客様負担とさせて頂き、着払い返送とさせて頂きます。
又、誠に勝手ではありますが、値段のつかなかった本は返却できかねます。

・絶版となっている本でも多く市場に出回っているものや、文庫化等されているまんが・単行本等は、値段が付かない場合があります。

・原則買取ジャンル」に記載された本のお取扱いとなります。尚「買取ジャンル」記載の本でも、状態や在庫状況また市場動向(人気・数の多寡)等により、お引取り出来ない場合が有ります。申し訳ありませんが、予めご諒承下さい。

買取依頼方法等について
査定のご依頼は、メールフォームにてお願い致します。詳細が不明の場合、査定(見積り)が出来ません為、申し訳御座いませんが、お電話による査定・買取のご依頼はお受けしておりません。
査定についてのお問合せはこちらよりお願い致します。

・査定ご依頼メールは、「買取査定希望」の件名が違う場合、お名前等の必要事項の記載がない場合、添付ファイルがある場合等は、安全のため削除させて頂きます。予めご了承下さいますようお願い致します。
詳しくは此方を。

・リストには、本のタイトル・著作者・出版社・状態説明をご記載願います。

月刊絵本(こどものとも・かがくのとも・おはなしチャイルド等)の場合は、雑誌タイトル・状態説明の他に、必ず号数(3・41・89・105号...等)をお知らせ下さい
また、福音館書店系(こどものとも・かがくのとも等)の場合は、折込付録の有無もお知らせ願います
誠にお手数では御座いますが、宜しく御願い致します。詳細はこちらを。

・本の種類やコンディション等に依り、買取の可否・価格は変わってきますので、メールでの買取・価格に関する大まかなご質問には、残念ながら概略のみしかお答えできません。査定ご依頼の場合は御手数ですが、題名・著作者・状態等を御知らせ下さい。宜しくお願い致します。

お持込による買取は行っておりません。直接本をお持ち頂いても買取る事は出来ません。ご諒承下さい。

その他
盗難品は一切お引取り出来ません。盗品と疑われる場合は、速やかに警察に申告させて頂きます。

・誠に勝手ながら、状況に依りサーヴィスの見直し・変更を行う事があります。その場合は速やかにHP上に表示致します。

個人情報の取り扱い等
・本人確認に使用した各種書類につきましては、取引の記録として一定期間保存させて頂きますことを、予めご了承下さい。

個人番号(マイナンバー)は、大変重要な個人情報であります為、本人確認には使用いたしません

・取得したお客様の個人データ(お名前・ご住所・電話番号・メールアドレス・口座番号等)は、管理責任者(代表責任者)が適切に管理し、ご本人の許可があった場合及び警察・裁判所等公的機関への提出要請があった場合を除き、当店業務(商品発送・代金支払い・ご連絡等)以外で使用すること及び、第三者に提供することは有りません。

§プライヴァシィ・ポリシィ


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

*古物営業法:盗品の売買の防止と速やかな発見を図る為、古物業者に一定の義務を課せるもの。
最も重要な義務が、以下の三つで、「防犯三大義務」と呼ばれています。
・法第15条第1項:取引き相手の確認義務
・法第15条第3項:不正品(盗品等)の申告義務
・法第16条:帳簿等への記載(記録)義務

CD・DVD、書籍等の万引き被害品の市場流入(古物商への売却)を防ぐ為、買取に際しての本人確認等、古物営業法の規定が大変厳しくなっており、お客さまにはご迷惑をお掛けする事も有るやと思いますが、ご理解ご協力、宜しく御願致します。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

Home             お問合せ           付記.古本屋に本を高く売る方法