MYSTIC RHYTHMS

 

こんにちは

こんにちは

§生年等
19∽∇年 蟹座生まれ

§出身地
東京(幼少の一時期外房漁師町で育った以外ずっと東京郊外)

§出身校
某市立第∈中学校

§容姿
目が大きくて目つきが悪い 一見「遊び人」風 おばちゃんには「あら、イイ男ねぇ」と言われる
髪は可也残念な感じ

§身長・体重
身長は163cm、体重は48kg辺を行ったり来たり

§血液型
B型RH+

§性格
暢気(のんき)者 生き物好き

§職業
オンライン古本屋

§趣味
音楽(メタル、ハード・ロック、プログレッシブ・ロック、クラシック) ポタリング(鉄塔巡りを含む)

§習慣
読書

§特技
電気ギター(下手) 野球(そこそこ)

§資格
普通自動二輪免許

§信仰
なし

§愛読書
科学系(自然科学、人文科学) 随筆

§お酒
飲まず(体質に合わず)

§煙草:
吸わず(禁煙成功)

§愛車
ATB(マウンテン・バイク)

§臓器提供意志表示カード
所持(提供に○。脳死後および心臓停止後いずれでも臓器提供します)

§エンディング・ノート
有り(PC内。簡易版は当ページ最下部)

§好きな言葉
「天地は仁ならず、万物を以って芻狗(すうく。藁の犬)と為す」 「苦楽空相」
「日常の些事雑事是全て修行の内」 「得意冷然、失意泰然」 「まいっちゃったよたまんないね」

§夢
原付バイクで日本一周 フォールディング・バイク(折畳み自転車)を持ってローカル線の旅
夫婦で山歩き(その前に結婚)

§理想のType
温厚で思慮深くのんびりした方

§興味ある分野
環境問題 野生生物 景観 歴史

§近頃思うこと
光合成で生きて行けたらなあ

§心掛け
何時死んでも良いように
(死ぬと定まった時うろたえないですむよう、日々心掛けて生きる、ということですね)
丁寧に生きる
(行き当たりばったりその場凌ぎの罰当たり人生でしたから)

§座右の銘
「原子と空間以外何も存在しない」「核廃絶」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

§好きなバンド・ミュージシャン
Rush*
Deep Purple
Pink Floyd
King Crimson
Black Sabbath
Rainbow
AC/DC
Slayer
Cryptopsy
Children Of Bodom
Glenn Gould
Friedrich Gulda
Ludwig van Beethoven
Wolfgang Amadeus Mozart
Johann Sebastian Bach
§(裏)好きなバンド・ミュージシャン
Yuming

§好きなアルバム
LIVE IN JAPAN/Deep Purple*
CLOSE TO THE EDGE/Yes*
EXIT...STAGE LEFT/Rush*
IN THE COURT OF THE CRIMSON KING/King Crimson*
NONE SO VILE/Cryptopsy*
OPERATION:MINDCRIME/Queensryche*
MASTER OF PUPPETS/Metallica*
REIGN IN BLOOD/Slayer*
THE GOLDBERG VARIATIONS (J.S.Bach)/Glen Gould*
PASSIO SECUNDUM MATTHAEUM (J.S.Bach)/Karl Richter*
LE QUATTRO STAGIONI (Antonio Vivaldi)/Il Giardino Armonico*

§好きな曲
ATOM HEART MOTHER/Pink Floyd
BOHEMIAN RHAPSODY/Queen
TARKUS/Emerson, Lake & Palmer
KILL THE KING/Rainbow
FIELDS OF DESOLATION/Arch Enemy
ANARCHY IN THE U.K./Sex Pistols
BAD BOY BOOGIE/AC/DC
SONATEN UND PARTITEN FUR VIOLINE SOLO BWV1001-1006/J.S.Bach
SYMPHONY No.8(9) D944/Franz Peter Schubert
24 CAPRICES Op.1/Niccolo Paganini
SYMPHONY No.8 WAB108/Anton Bruckner
VIOLIN CONCERTO Op.47/Jean Sibelius
§(裏)好きな曲
DESTINY/松任谷由実
流星/吉田拓郎
TAKE ME HOME, COUNTRY ROADS/John Denver

§好きな楽器
フェンダー・ストラトキャスター(エレクトリック・ギター)
リッケンバッカー4001(エレクトリック・ベース)

§好きな詩人
エドガー・アラン・ポー 萩原朔太郎 立原道造 中原中也 西行
ピート・シンフィールド(King Crimson) ニール・パート(Rush)

§好きな作家
泉鏡花 宮沢賢治 北杜夫(エッセイ) アーサー.C.クラーク

§好きな本
地球の科学/竹内均 自然とコスモス/新岩波講座
人間とは何か/マーク・トゥエイン 三四郎/夏目漱石 草迷宮/泉鏡花
ツァラトストラかく語りき/F.W.ニーチェ 幼年期の終わり/アーサー・C・クラーク
銀河鉄道の夜/宮沢賢治 平家物語

§好きな詩
21st CENTURY SCHIZOID MAN/ピート・シンフィールド
TIME/ロジャー・ウォータース 我れの持たざるものは一切なり/萩原朔太郎
何処へ?/立原道造 荒野の狼/H.ヘッセ 大鴉/E.A.ポー

§好きな絵本
The Knitted Cat* のらねこは なかない!*

§好きなまんが
動物のお医者さん ビートル・ベイリー(Beetle Bailey)

§好きな画家
ヒエロニムス・ボッシュ(ボス) ピーテル・ブリューゲル(父)
カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ ギュスターヴ・モロー
歌川広重 川瀬巴水

§好きな絵
聖アントニウスの誘惑(1505年頃)/ヒエロニムス・ボッシュ(ボス)
死の勝利/ピーテル・ブリューゲル 砂に埋もれた犬/フランシスコ・デ・ゴヤ
出現/ギュスターヴ・モロー 王子装束ゑの木 大晦日の狐火/歌川広重

§好きな戦国武将 伊勢新九郎盛時(北条早雲)

§好きな映画
2001:A Space Odyssey('68) となりのトトロ('88)
硫黄島 IWO-JIMA('73) *米海兵隊による記録フィルムを元に製作されたドキュメント映画

§好きなTV番組
モヤモヤさまぁ〜ず2 水曜どうでしょう すイエんサー ブラタモリ 境界のRINNE

§好きな公園
蘆花恒春園(東京都世田谷区)* 多磨霊園(東京都府中市・小金井市)*

§好きな山
北八ヶ岳 飯豊山 黒部五郎岳 赤石岳 乾徳山

§好きな飛行機
九七式戦闘機乙、彩雲(中島) 五式戦闘機一型乙、キ102乙(川崎)
流星改、瑞雲(愛知)
ソッピース Pup フォッケ・ウルフFw190 Wurger ユンカースJu88
ホーカー・シドレー Harrier ツポレフTu95 ブラックバーン Buccaneer

§好きな船
重巡洋艦 妙高 駆逐艦 雪風 航空母艦 瑞鶴 航空戦艦 伊勢

§好きな花
カラスウリ、キカラスウリ

§好きな昆虫
オオミズアオ

§好きな鳥
オナガ

§好きな野球チーム
読売ジャイアンツ

§好きな色
グレイ 黒 紺

§好きな食べ物
ヨーグルト

§好きな場所
緑が多くて自動車と人と高層建築物の少ないところ 墓地・霊園

§苦手なもの
肉・魚料理 酒類 自動車 遊園地・テーマパーク 人込み

§行ってみたい所
広島(原爆ドーム) スペイン(アンダルシア、バルセロナ) ネパール(ヒマラヤ・トレッキング)

§登ってみたい山
朝日岳(山形) 飯豊山 鹿島槍ヶ岳・黒部五郎岳(飛騨山脈)
空木岳(木曽山脈) 白峰三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳)・赤石岳(赤石山脈)

§乗ってみたい列車
やまぐち号(山口線)

§得意料理
たらこスパゲティ

§得意技
下手出し投げ(ウソ)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Music
 基本的に洋楽、それもメタルやハード・ロックそしてプログレッシブ・ロック等、ダークで重たいものばかり。(宜しければ"Heavysphere"をご参照下さい)洋楽始めは、山登り大好き少年だった為、ジョン・デンバーなのですが、何故か次にきたのがKISSでした。でも矢張りと言うか、KISSにのめり込む切っ掛けは、アコウスティック・ナンバー"Hardluck Woman"。この名曲が収録されたアルバム「Rock and Roll Over」を聴くうちに、すっかりHard Rock少年と化し、現在Metalオヤジとして日々呼吸しておる訳です。
 レコード・テープ・CD及びPC内等のコレクションを眺めておりますと、ヘヴィ・メタル、ハード・ロックやプログレッシブ・ロックの他にクラシックが多く、他は一般的なロック、そして少々ですがJポップとジャズ・フュージョン等の作品が混ざっております。
 クラシックは、Metalとの音楽的共通点が多い為、又、明かに敬愛するリッチー・ブラックモア大先生(DEEP PURPLERAINBOW等のギタリスト。大変なクラシック・ファン)の影響ですね。よって、へヴィ・メタル・ギターへの影響力大なヴァイオリン関連曲、独奏曲・ソナタ等、また室内楽(弦楽四重奏・五重奏他)系の、ロック・バンド的構成のこじんまりしたものが多目。でも交響曲・協奏曲等のオーケストラ系、此方も好き。ピアノ曲は昔は苦手でしたが、グレン・グールドを知って後の現在は独奏など大好き。ただ、基本的に演奏重視な為オペラ・歌曲・宗教曲等の歌物は少ない。
 プログレッシブ・ロックは余りDeepなファンでは有りません。Yes、EL&P、Pink Floyd、King Crimson、そしてUK等比較的ハード・ロックやヘヴィ・メタルと共通点の多い、しかも所謂一流所が大半。でも上記バンドの作品は沢山持っておりますし、又しょっちゅう聴いております。高度な演奏力や、何やら深そう…と思わせてくれる様なその詞やサウンドには強く惹かれるものが有ります。
 何だかんだいって、メインはメタル、Heavy Metalです。メタルと言いましても、今は可也細分化しておりますし、歴史も早30年以上(1970年誕生と私的に定義しております)となりますので、様々なタイプが有ります。音楽全体から見ますと、僕は可也偏狭な聴き手ですが、メタル或いはハード・ロックという括りの中では結構幅広ではないかと自負しております。極初期から2000年代迄、またガンズ・アンド・ローゼズ、ハロウィンの様な広く受け容れられている様なものから、モービッド・エンジェル、クリプトプシィのようなもうゴリンゴリンの邪悪・極悪デス・メタルまで、そして、AC/DCの様なストレートなものからドリーム・シアターのような屈折複雑系プログレ・メタル迄、色々聴かせてもらっています。ただ、一つのバンド、又一枚のアルバムを聴き込むタイプなので、余り知るバンドやアルバムの数は多くは有りません。未知のバンド、未聴の作品は多く、まだまだ道は遠い…と日々精進してしている次第です。

 因みに私は、エレクトリック・ギターを弾いておりました。愛用ギターはフェンダー・ストラトキャスター1960代後半モデルのコピー・モデル。アイボリー・ホワイトのボディ、トラ目の美しいネック。今も大事に持っております。

*最近借りた・買ったCD

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Books
 非常な遅読です。新書一冊読むのに二週間かかります。結果とても寡読です。歳か…知的好奇心の衰えか…。以前は年に150冊近く読んでいた時期もあったのですが…。
 今は完全に、自然科学か社会科学か人文科学の何れかです。文学はもう随分と読んでいません。以前は科学系半分文学半分という状態が長いこと続いていたのですが、何時の頃からか、如何にも入り込めなくなってしまいました。映画やTVドラマもそうです。何が自分にこうした変化を齎したのか判然としませんが、少し寂しい気がします。何か世界が小さくなってしまった様で…。因みに文学は、日本ものなら明治〜戦前昭和、海外ものなら18世紀〜20世紀始め頃のものが好きでした。とうの昔に死んだ人の本ばかり…。ジャンルとしては、一般小説戯曲・詩・日本古典・SF・評論等。推理ものは駄目でした。何故か。科学系では生態学・微生物から・植物・昆虫その他生き物関連 地球物理 歴史 文化人類学 哲学等。あと仏教ものも一時期はまりました。信仰心は0なんですが…。
 読書に求めるものは、人其々様々と思います。こうでなくてはならない、と云うものは無いと思います。僕の場合は如何も知識志向が強く、何かこう、知りたい知りたいという気持ちに、追われるかの如く読んでいる事が多いような気がします。だから途中で読むのを止めるという事が皆無です。可也キツイなぁ、と思っても止められません。最後まで読まないと気が済まないのです。楽しいから読む、そう言える境地が理想ですが、まだまだ遠いです。修行がタリン(…とコンな風に思うこと自体駄目なんすかねぇ)。
 読書の形が如何有れ、本自体が如何有れ、本に対する愛着と言うものが有ります。だからこそこんな仕事をして居る訳です。本を書いた人の精神、本を作った人達の思い、そして木の命、そしてもう一つ、本を読みたいと思う人達の思い…。本そのものに対する愛着というより、そうした本の向こうにあるものへの愛着と言った方が良いかも。

*最近借りた本

古本屋になった理由:
 10数年前、失業中に教育TVで地球物理学者の竹内均さんの大陸移動に関する番組を見るうち、「俺は何にも知らないんだなぁ、もっと自然や宇宙に就いて知りたいなぁ」と云う思いに駆られ、暇に任せて本を読み漁るようになりました。精神的飢餓感と言えるかもしれません。それ以前は、本等年に数冊程度しか読まなかったのですが、一気に月10冊程も読むようになりました。体力も有りましたしね。然し、同時に、本を゛消費゛するという行為は森林の荒廃にも繋がると云う事に思い至り、経済的理由とも相俟って(何せ失業中です)古本を利用すようになった訳です。
 実を言うと、古本は生理的に苦手でした。ですが、この頃から年齢的なものも有ったのかもしれませんが、見知らぬ他人の読んだ本等読めない、等と言う思いは全く無くなってしまいました。今思えば、この変化は僕にとっては非常に大きな変化と云う事になりますね。この変化が若し無かったら、今の僕は恐らく、いや絶対無いでしょうから…。
 話を戻しますと、古本を利用するようになった事で、当然古本屋回りが始まった訳です。お金は無いが時間はたっぷり有ります。自転車で彼方此方走り回っては、小さな(当時大型店などはありませんでした)古本屋さんを見つけ、わくわくしながら入店・物色し、歓び勇んで帰宅・読書と言う毎日でした…。そうこうするうち、とある古本屋さんで「バイト募集」の張り紙発見…。失業中です。古本屋気に入ってます。本大好きになってます。迷いは有りませんでした…。
 と、此れが古本屋稼業の始まりです。多分に偶然性に支配されてますね。゛人生、行き当たりばったり゛です。今は違いますよ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

タイトル"MYSTIC RHYTHMS"について

 このサイト・タイトル「MYSTIC RHYTHMS=ミスティック・リズムス」は、何に由来しているかを説明したいと思います(興味無い?…)。
 個人サイトのタイトルを如何したものかと考えた時、偶々聴いていたのが、RUSH(ラッシュ)というカナダのバンドの「Power Windows」と言うアルバム。このアルバムのラストに、非常にスピリチュアルで雄大な雰囲気を湛えた曲が有りまして、その名を"MYSTIC RHYTHMS"といいます。この曲、詞も含めて大好きですし、然も音楽関連のページも作ろうと計画していましたので、「RHYTHMS(リズムス)」はぴったりだと、2分程で決まってしまいました。
 …と言う経緯です。某DisneySeaのショウとは関係無いのです。

RUSHについて

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

運営方針また著作権について

本サイトは管理人の個人的趣味・見解に基づき運営されております。見識の狭さゆえ、記述内容には、勘違い・見当違いなど多々諸々あるやもしれません。また未熟者ゆえの知ったか等もあると思います。寛大なるお心で見て頂けると幸いです。

文章中の写真・イラストは、「画像は、・・・より拝借しました」との断りのあるものを除き、全て管理人オリジナルのものです。
紹介CDジャケット画像、拝借したパブリック・ドメイン画像等は別とし、管理人独自の画像(写真・イラスト)或いは文章等につきましては、著作権を放棄するものでは御座いません。

(トップ・ページ及び本ページ壁紙は「よしこさんの素材屋」さんより拝借いたしました)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ending note 簡易版

・介護が必要となった場合は施設への入所を希望します

・病気の告知をお願いします

・延命治療は望みません

・遺産(あったらね)は、WWFジャパンに寄付してください
(世界自然保護基金:http://www.wwf.or.jp/

・脳死後および心臓停止後いずれでも臓器提供します。詳細はドナー・カード(財布内)、免許証裏及びWebサイトを参照してください
(日本臓器移植ネットワーク:http://www.jotnw.or.jp/

・古物商許可証は所轄警察署へ返納をお願いします

・遺品の書籍(店在庫も含む)・CD・レコード等、売却可能なものは売却して下さい

・葬儀は行わないで下さい

・お墓はいりません。散骨を希望します

・法事、法要、戒名、法名、香典は無用です

・店ホームページ(http://www.ub-carrot.com/ レンタルサーバー、独自ドメイン)、は期限が切れれば自動消滅します

・ブログ(livedoorブログ)はそのままネット上に残してください
http://blog.livedoor.jp/u.b.c/


以上は簡易版です。詳細はPC内の「エンディング・ノート」にあります。

お手数ですが、宜しく御願致します。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Anomalocaris

"Mystic Rhythms" Home北の離れはけの下HeavyhsphereHeavyじゃないsphereρ -Rho-LinkBlog